日本呼吸器学会誌

検索結果

参考ヒット数: [ 肺水腫: 133 ]

検索式にマッチする 133 個の文書が見つかりました。

81. 日本呼吸器学会雑誌第49巻第3号 (スコア: 2)
161 ●原 著 要旨:【背景と目的】呼吸不全を基礎とする HOT 患者の現状はほぼ把握されている.しかしながら,心不全を基礎とする HOT 患者の詳細,HOT 患者に関する地域での病診連携の実態については十分なる調査がな
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/049030161j.pdf (549,586 bytes)

82. 日本呼吸器学会雑誌第49巻第1号 (スコア: 2)
20 ●症 例 要旨:症例は 37 歳,女性で急性骨髄性白血病に対して化学療法,全身放射線照射の後に同種骨髄移植を施行された.移植後早期に皮膚および消化管の GVHD を発症するもステロイド内服及びタクロリムス投与にて
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/049010020j.pdf (369,796 bytes)

83. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第12号 (スコア: 2)
1141 ●症 例 要旨:症例は 65 歳男性で,びまん性スリガラス陰影を呈し急速に進行する呼吸不全にて入院した.経気管支鏡的肺生検によりびまん性肺胞傷害所見が示され,感染症などの基礎疾患が否定的なことから急性間質
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047121141j.pdf (686,787 bytes)

84. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第10号 (スコア: 2)
943 ●症 例 要旨:症例は 26 歳女性.平成 8 年に他院で鼻粘膜生検を施行しウェゲナー肉芽腫症と診断され prednisolone と cyclophosphamide が開始され,後者は平成 15 年まで計 120g が投与された.平成 18 年 3 月
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047100943j.pdf (627,565 bytes)

85. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第7号 (スコア: 2)
558 ●原 著 要旨:レジオネラ肺炎における致死的合併症を明らかにすることを目的に,65 例のレジオネラ肺炎における重症合併症とその治療成績について検討した.死亡例や重症合併症を有する症例に対して,有効な抗菌薬
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047070558j.pdf (808,497 bytes)

86. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第6号 (スコア: 2)
486 ●症 例 要旨:症例は 54 歳,女性.気管支喘息のため呼吸器科通院中,H18 年 2 月高血圧症のためニフェジピンの服用を開始した.H19 年 4 月 10 日頃から発熱が出現し当科外来受診した.胸部レントゲン写真では右上
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047060486j.pdf (758,140 bytes)

87. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第5号 (スコア: 2)
438 ●症 例 要旨:症例は 68 歳の男性.多発性骨髄腫の治療にてサリドマイド内服 4 カ月後に咳,微熱が出現,胸部異常陰影を認め,入院となった.胸部 HRCT 上両側肺に小葉間隔壁の肥厚,粒状影,スリガラス陰影を認めた.
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047050438j.pdf (769,589 bytes)

88. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第5号 (スコア: 2)
404 ●症 例 要旨:症例は 64 歳の男性.2006 年 5 月初め呼吸困難が生じ,他院で右血性胸水貯留を指摘され右胸腔ドレナージを施行された.精査加療のため 5 月中旬に当院へ転院された.1L!日の血性の排液が続き,胸部 CT
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047050404j.pdf (660,796 bytes)

89. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第4号 (スコア: 2)
286 ●症 例 要旨:症例は 57 歳,男性.4 カ月前から徐々に増悪する労作時息切れを主訴に近医受診.胸部単純 X 線検査及び胸部 CT 上,両側下肺野優位の間質影及び網状影を認めており,間質性肺炎が疑われたため,精査加
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047040286j.pdf (876,608 bytes)

90. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第3号 (スコア: 2)
254 ●症 例 要旨:症例は 32 歳女性.平成 19 年 9 月中旬,発熱,咳嗽,呼吸困難を訴えて近医を受診し,胸部 X 線とTBLB 所見より急性好酸球性肺炎と診断された.入院後自然軽快し,10 月中旬に退院となった.10 月下旬に
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047030254j.pdf (728,281 bytes)

91. 日本呼吸器学会雑誌第46巻第6号 (スコア: 2)
501 ●症 例 要旨:症例は 95 歳,男性.2006 年 8 月に血尿を主訴として当院泌尿器科を受診し,膀胱腫瘍を指摘された.経尿道的膀胱腫瘍摘出術(TUR-Bt)が施行され膀胱癌(移行上皮癌,Grade3,pTa)と診断された. 遠隔転移
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/046060501j.pdf (531,242 bytes)

92. 日本呼吸器学会雑誌第46巻第2号 (スコア: 2)
141 ●症 例 要旨:症例:69 歳男性.全身の脱力感,咳嗽を主訴に近医に救急搬送された.胸部 CT にてモザイク状に分布するスリガラス陰影を認め,また右 S6 に径 11mm 大の胸膜嵌入を伴う結節影と複数の縦隔リンパ節腫大
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/046020141j.pdf (562,288 bytes)

93. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第12号 (スコア: 2)
985 ●症 例 要旨:亜鉛溶接工に発症した過敏性肺臓炎の 1 例を報告する.症例は 55 歳男性.2000 年から亜鉛メッキ鋼材を用いた溶接作業に従事.2003 年 11 月発熱と咳嗽が出現し近医で細菌性肺炎と診断され,10 日間の
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044120985j.pdf (583,829 bytes)

94. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第10号 (スコア: 2)
●症 例 要旨:症例は 71 歳,男性.2003 年 12 月に血尿を主訴として当院泌尿器科を受診した.翌 2004 年 1 月の膀胱鏡検査で膀胱腫瘍を指摘された.同年 2 月に経尿道的膀胱腫瘍摘出術が施行され同組織像にて膀胱癌(移
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044100771j.pdf (534,267 bytes)

95. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第10号 (スコア: 2)
Fig.1 ChestX-rayonadmission(onAugust13)showingbilateralinfiltrationinbothupperlungfields. ●症 例 要旨:症例は 69 歳男性.急性前立腺炎にて入院後,血痰及び両側上肺野に浸潤影が出現した.呼吸器内科転科時,Pa
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044100732j.pdf (1,105,933 bytes)

96. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第10号 (スコア: 2)
●症 例 要旨:症例は 44 歳の男性.入院の約 3 週間前から 39℃ の発熱,乾性咳嗽が出現し,抗生剤を自己内服したが改善せず呼吸困難も出現したため,近医受診.細菌性肺炎と診断され,各種抗生剤を投与されるも増悪し当
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044100695j.pdf (931,571 bytes)

97. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第10号 (スコア: 2)
●症 例 要旨:症例は 62 歳,男性.慢性閉塞性肺疾患および非アトピー型,重症持続型の気管支喘息の患者であったが,急性上気道炎後に気管支喘息の大発作となった.近医でメチルプレドニゾロン 500mg の点滴と,エピネフ
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044100701j.pdf (660,683 bytes)

98. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第8号 (スコア: 2)
●症 例 要旨:症例は 34 歳男性.呼吸困難と発熱を主訴に近医を受診した.胸部画像上両側にスリガラス状陰影と肺門から広がる浸潤影を認め,BAL が施行された.BALF 中好酸球比率が 20.5% と増加しており,塗抹, 培養検
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044080589j.pdf (808,450 bytes)

99. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第7号 (スコア: 2)
●原 著 要旨:肺高血圧症の治療方針決定にあたり,原因疾患の鑑別診断が重要である.今回,我々は 53 症例の肺高血圧症患者の胸部 CT(computed tomography)所見から原因疾患の鑑別診断を試みた.原因疾患として頻度の高
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044070485j.pdf (983,304 bytes)

100. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第3号 (スコア: 2)
●症 例 要旨:症例は 51 歳男性.2003 年 8 月に左 S1+2 原発の肺腺癌 cT2N1M0 stage IIB の診断で胸骨正中切開左上葉切除術+ND3γ 郭清を行った.pT2N3M0 stage IIIB のため,同年 9 月よりカルボプラチンとゲムシタ
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044030215j.pdf (829,589 bytes)

この全文検索システムは Namazu v2.0.21 によって構築されています。

Copyright © 日本呼吸器学会 All rights reserved.