日本呼吸器学会誌

検索結果

参考ヒット数: [ 肺癌: 1197 ]

検索式にマッチする 1197 個の文書が見つかりました。

121. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第11号 (スコア: 24)
●原 著 要旨:2001 年 1 月〜2005 年 3 月までに当センターに入院した原発性肺癌 1,548 例のうち,髄液細胞診あるいは造影脳・脊髄 MRI 所見で癌性髄膜炎と診断された 37 例を対象にレトロスペクティブな臨床検討を
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044110795j.pdf (586,491 bytes)

122. 日本呼吸器学会雑誌第42巻第5号 (スコア: 24)
表1 癌治療における標的分子 癌遺伝子産物 シグナル伝達因子 増殖因子 増殖因子受容体 転写因子 DNA 修復 テロメアーゼ 細胞周期因子 細胞骨格 血管新生因子 転移浸潤因子 サイトカイン 分化抗原 耐性因子 アポトー
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/042050371j.pdf (72,231 bytes)

123. 日本呼吸器学会雑誌第41巻第3号 (スコア: 24)
Table 1 Laboratory data on admission BiochemistryHematology g/dl7.0TP/μl432×104 RBC IU/l23GOTg/dl13.8Hb IU/l18GPT/μl7,100WBC IU/l127LDH%52.0Neutro mg/dl15BUN%34.9Lymph mg/dl0.83Cr/μl34.5×104 Plt
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/041030177j.pdf (340,609 bytes)

124. 日本呼吸器学会誌第3巻第3号 (スコア: 24)
日呼吸誌 3(3),2014 緒言 肺癌が気胸を契機に診断されることはまれであり,塚本らは 939 例の肺癌症例のうち 8 例(0.9%)であったと報告している1) .また,自然気胸患者に肺癌を合併す ることもまれであり,Steinhausli
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/003030446j.pdf (492,996 bytes)

125. 日本呼吸器学会誌第3巻第6号 (スコア: 23)
日呼吸誌 3(6),2014 緒言 原発性肺癌は脳,骨,肝,副腎への転移が多い.肺癌精査中に副腎偶発腫瘍を認めた場合,その良悪性の鑑別は肺癌の病期診断のうえで重要な問題となるが,画像所見を基に肺癌の副腎転移と診断され
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/003060805j.pdf (434,731 bytes)

126. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第9号 (スコア: 23)
828 ●症 例 要旨:症例は 53 歳男性.咳嗽,労作時息切れを主訴とし,検診にて右下肺野の腫瘤影を指摘され当科入院となった.精査の結果,非小細胞肺癌;cT3N1M1 stageIV と診断,化学療法(Carboplatin+Paclitaxcel) を施
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047090828j.pdf (671,537 bytes)

127. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第7号 (スコア: 23)
620 ●症 例 要旨:症例は 70 歳,男性.呼吸困難を主訴として来院.胸部 X 線上,右胸水貯留を認め,胸水細胞診にてadenocarcinoma cell が検出されたため,癌性胸膜炎と診断した.肺野には明らかな病変は認めなかったが,
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047070620j.pdf (1,272,538 bytes)

128. 日本呼吸器学会雑誌第46巻第7号 (スコア: 23)
570 Fig.1 FirstChestCT showedalocalizedGGO with outasolidcomponentinS6oftheleftlowerlobe. ●症 例 要旨:症例は,48 歳男性.喫煙歴は 40 本×23 年.2001 年 11 月 28 日右胸痛精査で胸部 CT 施行,偶然左S6 に径
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/046070570j.pdf (543,827 bytes)

129. 日本呼吸器学会雑誌第43巻第3号 (スコア: 23)
はじめに 肺癌は高率に脳転移を合併するが,癌性髄膜症は稀であるとされてきた1)〜4) .しかし,近年の治療法の進歩に 伴い生存期間が延長した結果,癌性髄膜症の合併例の報告が増加している.癌性髄膜症は多彩な神経症
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/043030139j.pdf (66,579 bytes)

130. 日本呼吸器学会誌第10巻第1号 (スコア: 22)
緒言 進行再発肺癌の治療として,近年免疫チェックポイント阻害剤(immunecheckpointinhibitor:ICI)併用化学療法の有効性が証明され1) 5) ,ICI併用化学療法の頻度が 増えている.しかし,上皮成長因子受容体(epidermal
http://www.jrs.or.jp/modules/basicauthj/index.php?file=ajrs/010010045j.pdf (557,248 bytes)

131. 日本呼吸器学会誌第6巻第1号 (スコア: 22)
日呼吸誌 6(1) ,2017 緒言 先端巨大症に好発する合併症として,糖尿病,高血圧症,心疾患,悪性腫瘍等が知られているが1) 2) ,悪性腫瘍 の発生機序としてgrowthhormone(GH)に制御されるinsulinlikegrowthfactor1 (IGF1)
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/006010008j.pdf (437,637 bytes)

132. 日本呼吸器学会誌第4巻第4号 (スコア: 22)
日呼吸誌 4(4),2015 緒言 2008 年の我が国における悪性腫瘍罹患率のなかで,肺癌は男性では胃癌(19.2%)に次いで多く 15.4%を,女性では乳癌(19.0%),大腸癌(15.1%),胃癌(12.4%) に次ぎ 9.5%を占めていた1) .肺癌の年齢
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/004040278j.pdf (496,127 bytes)

133. 日本呼吸器学会誌第1巻第6号 (スコア: 22)
日呼吸誌 1(6),2012 緒言 癌による死亡は年間約 34 万人で日本における死因の第1位である.癌死のなかで一番多いものが肺癌である. 2009 年の肺癌の年間死亡数は約 6 万 7,000 人であり,毎年 1,000 人以上死亡数が増
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/001060458j.pdf (631,907 bytes)

134. 日本呼吸器学会誌第1巻第5号 (スコア: 22)
日呼吸誌 1(5),2012 緒言 肺癌患者の自他覚症状は組織学的特徴,局所浸潤の程度,局所部位,腫瘍の大きさ,そして遠隔転移の有無に依存するとされる1) .その一方で,初発症状として脳神 経症状を呈する症例は比較的まれ
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/001050414j.pdf (632,069 bytes)

135. 日本呼吸器学会雑誌第48巻第6号 (スコア: 22)
439 ●症 例 要旨:症例は 53 歳女性.嘔吐,便秘を主訴として,近医に腸閉塞の診断で入院した.上下部消化管内視鏡検査など精査を行ったが原因不明であった.胸部 X 線・CT で左肺門および縦隔リンパ節の腫大を認めた.
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/048060439j.pdf (594,186 bytes)

136. 日本呼吸器学会雑誌第46巻第4号 (スコア: 22)
308 ●症 例 要旨:症例は 46 歳女性.2006 年 10 月,咽頭痛,咳が出現.11 月中旬から左頸部痛が出現し,頻脈となった.近医にて抗生物質を投与されたが改善せず,当科入院.入院時には前頸部が腫大し,TSH 0.03U!ml, fT3 7
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/046040308j.pdf (929,945 bytes)

137. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第9号 (スコア: 22)
●症 例 要旨:症例は 49 歳の男性,両下肢浮腫と左下肢先端の疼痛にて入院,右肺野に腫瘤影を認め精査の結果微小変化型ネフローゼ症候群,抗リン脂質抗体症候群,温式自己免疫性溶血性貧血を伴う cStage IIIB の肺腺癌
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044090631j.pdf (800,536 bytes)

138. 日本呼吸器学会雑誌第44巻第2号 (スコア: 22)
●症 例 要旨:症例 1 は 56 歳女性.非小細胞肺癌術後に癌性胸膜炎で再発し化学療法を行ったが,胸水の再増加を認めたためゲフィチニブを開始した.画像や症状の改善を認めていたが,約 7 カ月後に癌性髄膜症を発症し,
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044020144j.pdf (802,524 bytes)

139. 日本呼吸器学会雑誌第42巻第5号 (スコア: 22)
緒 言 肺癌と結核の合併についてはこれまでにも様々な報告があるが,非定型抗酸菌症と肺癌の合併は稀である.今回,M. fortuitum による呼吸器感染症の治療中に一部陰影が増大し,結果的に小細胞肺癌であった 1 例を経
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/042050424j.pdf (91,195 bytes)

140. 日本呼吸器学会雑誌第41巻第8号 (スコア: 22)
緒 言 肺癌は切除しても再発することが多く,予後不良である.転移部位としてはリンパ節・肺・胸膜・肝・骨・脳・副腎等が多く,消化管転移は比較的まれである1) . 今回我々は肺癌を手術し,病理学的に stage I と診断
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/041080537j.pdf (269,750 bytes)

この全文検索システムは Namazu v2.0.21 によって構築されています。

Copyright © 日本呼吸器学会 All rights reserved.