日本呼吸器学会誌

検索結果

参考ヒット数: [ ニューモシスチス: 93 ]

検索式にマッチする 93 個の文書が見つかりました。

61. 日本呼吸器学会誌第4巻第5号 (スコア: 2)
日呼吸誌 4(5),2015 緒言 侵襲性肺アスペルギルス症(invasive pulmonary aspergillosis:IPA)は,好中球減少や免疫抑制状態を背景にした組織侵入型の肺アスペルギルス症である.組織侵入には血管侵襲型と気道侵襲型の
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/004050398j.pdf (553,339 bytes)

62. 日本呼吸器学会誌第4巻第2号 (スコア: 2)
日呼吸誌 4(2),2015 緒言 ビルダグリプチン(vildagliptin)は,dipeptidyl peptidase 4(DPP-4)を阻害することでインクレチンを増加させ,血糖依存性にインスリン分泌作用を高める 2 型糖尿病の治療薬である.DPP-4 阻害
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/004020176j.pdf (452,369 bytes)

63. 日本呼吸器学会誌第2巻第4号 (スコア: 2)
日呼吸誌 2(4),2013 緒言 Human immunodeciency virus(HIV)感染症を合併した肺癌は全生存期間が 5.2〜8.1ヶ月(全病期)で予後は不良1) と考えられ,非 HIV 症例(IV 期非小細胞肺 癌の生存期間中央値は 11〜14ヶ月)と
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/002040405j.pdf (714,868 bytes)

64. 日本呼吸器学会誌第1巻第6号 (スコア: 2)
日呼吸誌 1(6),2012 緒言 成人 T 細胞白血病(adult T-cell leukemia lymphoma: ATLL)は human T-cell leukemia virus-I(HTLV-I)がCD4 陽性 T-cell に感染し,単クローン性に増殖した腫瘍である.我が国全体では 120
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/001060508j.pdf (1,021,837 bytes)

65. 日本呼吸器学会誌第1巻第2号 (スコア: 2)
日呼吸誌 1(2),2012 緒言 肺胞蛋白症(pulmonary alveolar proteinosis:PAP) は肺胞および呼吸細気管支内にサーファクタントが貯留する比較的まれな肺疾患であり,原因により先天性,自己免疫性(autoimmune:aPAP),続発
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/ajrs/001020129j.pdf (814,136 bytes)

66. 日本呼吸器学会雑誌第49巻第12号 (スコア: 2)
949 ●症 例 要旨:症例は 67 歳男性.2010 年 5 月,胃癌 stageIV と診断され,TS-1,PAC,レンチナン(lentinan)による外来化学療法施行中であった.2010 年 11 月の投与後より呼吸困難,咳嗽が出現,低酸素血症と右中下肺
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/049120949j.pdf (780,880 bytes)

67. 日本呼吸器学会雑誌第49巻第10号 (スコア: 2)
750 ●症 例 要旨:症例:73 歳,女性.主訴:咳嗽,全身倦怠感.2009 年 1 月,多発性筋炎を発症し predonisolone(PSL), tacrolimus hydrate(TAC)を内服していた.同年 8 月中旬より全身倦怠感と咳嗽が出現し 8 月下旬近医
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/049100750j.pdf (869,885 bytes)

68. 日本呼吸器学会雑誌第49巻第8号 (スコア: 2)
583 ●症 例 要旨:症例は 70 歳女性.約 4 年前に関節リウマチと診断され,ステロイド剤,次いでメトトレキサートが導入され,3 年前より TNF 阻害剤(インフリキシマブ)が導入されていた.2〜3 週間続く咳嗽がみられたた
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/049080583j.pdf (618,475 bytes)

69. 日本呼吸器学会雑誌第49巻第2号 (スコア: 2)
116 ●症 例 要旨:症例は 34 歳,女性.2001 年に多飲,多尿,無月経,恥毛脱落が認められていたが,放置.2009 年9 月 7 日に急性の労作時呼吸困難のために当院に入院.胸部 CT では,両肺下葉優位の多発性の胞陰影, 両肺の
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/049020116j.pdf (1,155,698 bytes)

70. 日本呼吸器学会雑誌第49巻第1号 (スコア: 2)
20 ●症 例 要旨:症例は 37 歳,女性で急性骨髄性白血病に対して化学療法,全身放射線照射の後に同種骨髄移植を施行された.移植後早期に皮膚および消化管の GVHD を発症するもステロイド内服及びタクロリムス投与にて
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/049010020j.pdf (369,796 bytes)

71. 日本呼吸器学会雑誌第48巻第9号 (スコア: 2)
672 ●症 例 要旨:症例は 70 歳女性.関節リウマチと間質性肺炎に対して,prednisolone と methotrexate による治療を受けていた.急速に進行する呼吸不全が出現したため当科を受診し,間質性肺炎の急性増悪や日和見感
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/048090672j.pdf (693,075 bytes)

72. 日本呼吸器学会雑誌第48巻第1号 (スコア: 2)
60 ●症 例 要旨:症例 1 は 69 歳女性.関節リウマチに対しインフリキシマブ(infliximab ; IFX)投与開始 21 カ月後に粟粒結核を発症した.喀痰抗酸菌塗抹 2+・結核菌の polymerase chain reaction(PCR-TB)陽性,尿抗酸
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/048010060j.pdf (848,611 bytes)

73. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第7号 (スコア: 2)
608 ●症 例 要旨:症例は 62 歳男性.1998 年 5 月頃より感冒症状出現.7 月健診のため近医受診,胸部 X 線異常影指摘,その後,発熱,呼吸苦,咳等症状出現,痰よりクリプトコッカス検出のため入院.血清クリプトコッカス抗
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047070608j.pdf (1,047,054 bytes)

74. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第5号 (スコア: 2)
415 ●症 例 要旨:症例は 65 歳男性.2008 年 2 月初旬から全身倦怠感が出現.2008 年 3 月初旬より Fletcher-HughJones III 度の呼吸困難を自覚したため近医受診.胸部単純 X 線写真上,左胸水を指摘され,当院入院.胸
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047050415j.pdf (1,155,454 bytes)

75. 日本呼吸器学会雑誌第47巻第5号 (スコア: 2)
393 ●症 例 要旨:症例は 78 歳男性.10 年前より糖尿病,甲状腺機能亢進症,うっ血性心不全で治療を受けていた.約2 年前より非持続性心室性頻拍に対してアミオダロンが処方されていた.2008 年 3 月に感冒症状を契機と
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/047050393j.pdf (980,055 bytes)

76. 日本呼吸器学会雑誌第46巻第11号 (スコア: 2)
940 ●症 例 要旨:症例は 53 歳,男性.筋炎症状を欠く皮膚筋炎(amyopathic dermatomyositis)と診断され,同時期の全身精査により肺に間質性陰影が認められ当科に紹介となった.気管支肺胞洗浄液では細胞濃度の増加とリ
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/046110940j.pdf (707,734 bytes)

77. 日本呼吸器学会雑誌第46巻第9号 (スコア: 2)
737 ●症 例 要旨:症例は 58 歳男性で,右上肢の痛みのため近医を受診し,胸部レントゲン上右肺尖部異常陰影を指摘され,当院当科に紹介受診となった.胸部 CT 上,右肺尖部に空洞性病変を認め,気管支鏡下肺生検,CT ガイ
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/046090737j.pdf (746,200 bytes)

78. 日本呼吸器学会雑誌第46巻第9号 (スコア: 2)
712 ●症 例 要旨:症例は 56 歳女性.喫煙歴も基礎疾患もない.毎年健診を受けていたが,特に異常は指摘されていなかった.2006 年の健診にて右上肺野に異常陰影を指摘され当科へ紹介された.胸部 HRCT にて,右上葉に限
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/046090712j.pdf (716,770 bytes)

79. 日本呼吸器学会雑誌第46巻第6号 (スコア: 2)
497 ●症 例 要旨:胸腺腫に合併した肺胞蛋白症で,胸腺摘出術後,肺胞蛋白症の改善がみられた 1 例を報告する.症例は 74 歳,女性.2004 年 8 月全身倦怠感,37.5 度の微熱を認め,胸部レントゲン写真で両側上中肺野に淡
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/046060497j.pdf (627,735 bytes)

80. 日本呼吸器学会雑誌第46巻第2号 (スコア: 2)
141 ●症 例 要旨:症例:69 歳男性.全身の脱力感,咳嗽を主訴に近医に救急搬送された.胸部 CT にてモザイク状に分布するスリガラス陰影を認め,また右 S6 に径 11mm 大の胸膜嵌入を伴う結節影と複数の縦隔リンパ節腫大
http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/046020141j.pdf (562,288 bytes)

この全文検索システムは Namazu v2.0.21 によって構築されています。

Copyright © 日本呼吸器学会 All rights reserved.