一般社団法人日本呼吸器学会
Japanese Respiratory Society Newsletter
  Respiratory Investigation Vol.58 No.6
Respiratory Investigation

Respiratory Investigation Vol. 58 Issue. 6, November 2020が出版となりました。
目次をお知らせいたします。


日本呼吸器学会会員 各位

Respiratory Investigation
編集委員長 藤田 次郎

 Respiratory Investigationのissue 6はEditorsによるEditorial 2編、Rapid Communications 3編、Original Articles 8編、Case Reports 2編、およびLetter 1編で構成されています。
 前号でもお示したようにCOVID-19に関する投稿論文が増えてきており、診断、および治療に関する論文は、可能な限り速やかに掲載したいと考えています。そのような背景もありIssue 6では、COVID-19に関連する論文として、Editorial 1編、Rapid Communications 3編、Original Article 1編、およびLetter 1編と計6編を掲載しました。特にCOVID-19肺炎に対するステロイド治療に関するMurohashiらのOriginal Article、および抗IL-6療法に関するNakamuraらのLetterは治療法に関する重要な論文と考えます。さらにKL-6が重症度マーカーとなりうることを示したAwanoらのOriginal Articleも臨床的に有益な論文と考えます。今後、COVID-19に関する採択論文数が増加した際には特集号を組むことも考慮したいと存じます。
 前回、様々な分野におけるReview Articlesを一挙に5編掲載したこともあり、issue 6ではReview Articlesは掲載せず、次号に回すことにしました。これは年頭にReview Articlesを掲載することでimpact factorが上がることを期待しての判断です。Original Articlesでは、間質性肺疾患(過敏性肺炎、サルコイドーシスを含め)に関する論文を5編、および肺炎に関する論文を2編掲載しました。Issue 6では、Issue 2~5と同様に多くのOriginal Articlesを掲載しましたが、まだ掲載を待っているOriginal Articlesは多数あります。採択から掲載までの期間を短くすることもきわめて重要な課題ですので、これらを順次掲載していきたいと存じます。またissue 6ではCase Reportsを2編掲載いたしました。貴重な症例については、今後も取り上げていきたいと思います。
 Respiratory Investigationでは、Reviews Articles、Guidelines、およびStatementsの投稿を広く求めています。編集委員会では、Reviews Articles、Guidelines、およびStatementsを増やすための工夫を継続しています。その一環として、理事会等で自薦、および他薦でReview Articleの投稿を促しておりますし(5月の依頼に引き続き、11月にも依頼を予定)、また前号で述べたように、Associate Editorsの先生方に、Review Articlesのご執筆をお願いしています。さらに編集委員会から、代議員の先生方にReview Articlesの執筆依頼を継続して行っています。これまでの調査から、Guidelines、またはStatements の被引用数はそれほど多くなく、Reviews Articlesの被引用数が多いことから、特にReviews Articlesを増やすための方策をさらに進めたいと考えています。
 本誌に関して、Impact Factor 取得のためクラリベイト・アナリティクス社に申請中であることは何度もお伝えしているところです。現在は、第一段階の審査を突破して、いよいよ将来のScience Citation Index Expanded (SCIE)収載の審査対象とするかどうかを決定する重大な局面に入っています。このため本誌の掲載論文が審査期間内にどれだけ引用されるかが重要な因子となります。Impact Factorを上げるために、今後もReview Articles、Guidelines、およびStatementsなどを優先的に掲載したいと考えています。また新たな方針として、論文の審査を若干厳しくすること、およびRapid communicationsにAbstractを付することを決定しました。これらはImpact Factorを上げるための工夫の一環です。
 最後に編集委員長から執筆者の先生方へのお願いがあります。それは英文論文を投稿する際には、Respiratory Investigationに掲載された論文を積極的に引用していただければと存じます。編集者一同、よりよい英文誌にするために奮闘していますので、今後とも英文誌Respiratory Investigationへのご支援を、よろしくお願いいたします。


目次

Cover Image Respiratory Investigation

Respiratory Investigation

Volume 58, Issue 6, Pages 425-512 , November 2020

Editorial Board

Page ii

Editorials

Drastic change in the lung microbiome induced by mechanical ventilation

Pages 425-426

Kazuhiro Yatera, Hiroshi Mukae

SARS-CoV-2 as a causative agent of idiopathic interstitial pneumonia and interstitial pneumonia associated with collagen vascular disorders

Pages 427-429

Jiro Fujita

Rapid Communications

Outcome of early-stage combination treatment with favipiravir and methylprednisolone for severe COVID-19 pneumonia: A report of 11 cases

Pages 430-434

Kota Murohashi, Eri Hagiwara, Takaaki Kitayama, Takafumi Yamaya, Katsuyuki Higa, Yozo Sato, Ryota Otoshi, Ryota Shintani, Hiroko Okabayashi, Satoshi Ikeda, Takashi Niwa, Atsuhito Nakazawa, Tsuneyuki Oda, Ryo Okuda, Akimasa Sekine, Hideya Kitamura, Tomohisa Baba, Shigeru Komatsu, Tae Iwasawa, Takeshi Kaneko

COVID-19 pandemic and the incidence of community-acquired pneumonia in elderly people

Pages 435-436

Takashi Yamamoto, Kosaku Komiya, Naoko Fujita, Eiji Okabe, Kazufumi Hiramatsu, Jun-ichi Kadota

Single-center experience of patients with interstitial lung diseases during the early days of the COVID-19 pandemic

Pages 437-439

J. Guiot, M. Henket, A.N. Frix, M. Delvaux, A. Denis, L. Giltay, M. Thys, F. Gester, M. Moutschen, J.L. Corhay, R. Louis, A. Ancion, A. Bouquegneau, C. Bovy, G. Darcis, J.O. Defraigne, B. Duysinx, A. Ghuysen, A. Gilbert, V. Heinen

Original articles

Serum KL-6 level is a useful biomarker for evaluating the severity of coronavirus disease 2019

Pages 440-447

Nobuyasu Awano, Minoru Inomata, Naoyuki Kuse, Mari Tone, Kohei Takada, Yutaka Muto, Kazushi Fujimoto, Yu Akagi, Momoko Mawatari, Akihiro Ueda, Takehiro Izumo

Unilateral upper lung-field pulmonary fibrosis radiologically consistent with pleuroparenchymal fibroelastosis after thoracic surgery: Clinical and radiological courses with autopsy findings

Pages 448-456

Akimasa Sekine, Hiroaki Satoh, Tamiko Takemura, Mai Matsumura, Koji Okudela, Tae Iwasawa, Hiroko Okabayashi, Satoshi Ikeda, Hideaki Yamakawa, Tsuneyuki Oda, Ryo Okuda, Hideya Kitamura, Tomohisa Baba, Shigeru Komatsu, Eri Hagiwara, Takashi Ogura

Changes in serum KL-6 levels during short-term strict antigen avoidance are associated with the prognosis of patients with fibrotic hypersensitivity pneumonitis caused by avian antigens

Pages 457-464

Satoshi Hanzawa, Tomoya Tateishi, Masahiro Ishizuka, Yukihisa Inoue, Takayuki Honda, Tatsuo Kawahara, Makoto Tomita, Yasunari Miyazaki

Extent of pulmonary fibrosis on high-resolution computed tomography is a prognostic factor in patients with pleuroparenchymal fibroelastosis

Pages 465-472

Masashi Namba, Takeshi Masuda, Shun Takao, Hiroaki Terada, Kakuhiro Yamaguchi, Shinjiro Sakamoto, Yasushi Horimasu, Shintaro Miyamoto, Taku Nakashima, Hiroshi Iwamoto, Shinichiro Ohshimo, Kazunori Fujitaka, Hironobu Hamada, Kazuo Awai, Noboru Hattori

Prevalence of viral infection in acute exacerbation of interstitial lung diseases in Japan

Pages 473-478

Rintaro On, Takemasa Matsumoto, Hisako Kushima, Ryosuke Hirano, Masaki Fujita

Plasma matrix metalloproteinase 7, CC-chemokine ligand 18, and periostin as markers for pulmonary sarcoidosis

Pages 479-487

Takuma Isshiki, Hisayo Matsuyama, Tetsuo Yamaguchi, Toshisuke Morita, Junya Ono, Satoshi Nunomura, Kenji Izuhara, Susumu Sakamoto, Sakae Homma, Kazuma Kishi

Discrepancies in preferences regarding the care of terminal-phase pneumonia in elderly patients among patients, families, and doctors: A multicenter questionnaire survey in nagasaki, Japan

Pages 488-494

Takahiro Takazono, Yoshifumi Imamura, Kaoru Kawakami, Naoya Yamasaki, Hiroyoshi Shimizu, Katsuhiro Usuki, Maiko Kiyohara, Tatsuro Hirayama, Masato Tashiro, Naoki Hosogaya, Tomomi Saijo, Kazuko Yamamoto, Taiga Miyazaki, Katsunori Yanagihara, Koichi Izumikawa, Hiroshi Mukae

Effects of systemic steroids on patients with community-acquired pneumonia: Observational study from a tertiary care hospital of a developing country

Pages 495-501

Nousheen Iqbal, Muhammad Irfan, Faraz Siddiqui, Verda Arshad, Ali Bin Sarwar Zuabairi

Case reports

Is unclassifiable idiopathic interstitial pneumonia a result of idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis?

Pages 502-505

Hiroyoshi Yamauchi, Masashi Bando, Aya Shinozaki-Ushiku, Takashi Ogura, Tamiko Takemura, Masaaki Sato, Koichi Hagiwara

A case of intrapulmonary lymphangioma surrounded by pulmonary hilar structures

Pages 506-509

Yusuke Muranishi, Nobutake Tanaka, Tomoya Kono, Ryo Miyahara

Letter

Use of the interleukin 6 inhibitor tocilizumab in Japanese patients with cytokine release syndrome caused by COVID-19-related acute respiratory distress syndrome: A case series

Pages 510-512

Hideta Nakamura, Kazuya Miyagi, Mariko Otsuki, Yuuri Higure, Naoya Nishiyama, Takeshi Kinjo, Masashi Nakamatsu, Shusaku Haranaga, Masao Tateyama, Jiro Fujita

先頭へ戻る

オンラインジャーナルはこちらから

→ https://www.jrs.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=9

オンライン投稿システム:Editorial Manager

新規投稿はこちらから
→ https://www.editorialmanager.com/RESINV/default.aspx

先頭へ戻る

日本呼吸器学会
Respiratory Investigation 編集事務局
代行:エルゼビア・ジャパン株式会社
◎本メールアドレスは配信専用となっております。
◎ご意見、お問い合わせは、info@jrs.or.jpへ。
◎メールマガジン不要の方は、会員専用ページにて変更処理をお願い致します。
発行・編集:一般社団法人 日本呼吸器学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 https://www.jrs.or.jp/
Copyright © 2005 一般社団法人日本呼吸器学会 All rights reserved.
※著作権等、無断での二次転用・転記を固く禁じます。
※このメールマガジンは等幅フォントでご覧いただくことをお薦めします。