一般社団法人日本呼吸器学会
Japanese Respiratory Society Newsletter
  Respiratory Investigation Vol.58 No.5
Respiratory Investigation

Respiratory Investigation Vol. 58 Issue. 5, September 2020が出版となりました。
目次をお知らせいたします。


日本呼吸器学会会員 各位

Respiratory Investigation
編集委員長 藤田 次郎

 Respiratory Investigationのissue 5はEditorsによるEditorial 1編、Review Articles 5編、Original Articles 7編、Rapid Communication 1編、およびLetter to the Editor 1編で構成されています。今回は、Review Articles 5編、Original Articles 7編と非常に充実した内容になっていると感じています。
 Editorialでは、抗インフルエンザ薬であるbaloxavir malboxilの臨床的位置づけに関する話題を取り上げました。また様々な分野におけるReview Articleを一挙に5編掲載しましたが、これはimpactor factorの取得に向けた取り組みの一環です。Original Articleでは、胸水、気管支鏡での組織診断(2編)、禁煙、特発性肺線維症の話題に加え、呼吸器ウイルス感染症(インフルエンザ、およびCOVID-19)2編の計7編を掲載しました。さらに今回、COVID-19に関するRapid Communication を1編掲載しています。最近、COVID-19に関する投稿論文が増えてきておりますので、診断、および治療に関する論文は、可能な限り速やかに掲載したいと考えています。また採択論文数が増加した際には特集号を組むことも考慮したいと存じます。
 Respiratory Investigationのissue 5は全体を通して重厚な構成になったと考えております。Issue 5では、Issue 2~4と同様に多くのOriginal Articlesを掲載しましたが、まだ掲載を待っているOriginal Articlesは多数あります。採択から掲載までの期間を短くすることもきわめて重要な課題ですので、これらを順次掲載していきたいと存じます。またGuidelines、Statements、およびReviews Articlesの投稿を広く求めています。
 編集委員会では、Guidelines、Statements、およびReviews Articlesを増やすための工夫を継続しています。その一環として、理事会等で自薦、および他薦でReview Articleの投稿を促しておりますし、また前号で述べたように、Associate Editorsの先生方に、Review Articlesのご執筆をお願いしています。さらに編集委員会から、代議員の先生方にReview Articlesの執筆依頼を継続して行っています。
 本誌に関して、Impact Factor 取得のためクラリベイト・アナリティクス社に申請中であることは何度もお伝えしているところです。現在は、第一段階の審査を突破して、いよいよ将来のScience Citation Index Expanded (SCIE)収載の審査対象とするかどうかを決定する重大な局面に入っています。このため本誌の掲載論文が審査期間内にどれだけ引用されるかが重要な因子となります。Impact Factorを上げるために、今後もReview Articles、Guidelines、およびStatementsなどを優先的に掲載したいと考えています。また新たな方針として、論文の審査を若干厳しくすること、およびRapid communicationにAbstractを付することを決定しました。これらはImpact Factorを上げるための工夫の一環です。さらに小児の論文については成人の肺疾患に関連するものに限定すること、を投稿規程に明記しました。
 最後に編集委員長から執筆者の先生方へのお願いがあります。それは英文論文を投稿する際には、Respiratory Investigationに掲載された論文を積極的に引用していただければと存じます。編集者一同、よりよい英文誌にするために奮闘していますので、今後とも英文誌Respiratory Investigationへのご支援を、よろしくお願いいたします。


目次

Cover Image Respiratory Investigation

Respiratory Investigation

Volume 58, Issue 5, Pages 301-424 , September 2020

Editorial Board

Page ii

Editorial

Clinical application of baloxavir marboxil in the treatment of influenza

Pages 301-304

Jiro Fujita

Review

Clinical burden of immune checkpoint inhibitor-induced pneumonitis

Pages 305-319

Koji Sakamoto, Jun Fukihara, Masahiro Morise, Naozumi Hashimoto

Idiopathic pulmonary fibrosis: Molecular mechanisms and potential treatment approaches

Pages 320-335

Daniel S. Glass, David Grossfeld, Heather A. Renna, Priya Agarwala, Peter Spiegler, Lora J. Kasselman, Amy D. Glass, Joshua DeLeon, Allison B. Reiss

Where is Chlamydophila pneumoniae pneumonia?

Pages 336-343

Jiro Fujita, Takeshi Kinjo

Immortalized normal human lung epithelial cell models for studying lung cancer biology

Pages 344-354

Mitsuo Sato, Jerry W. Shay, John D. Minna

Effect of pulmonary rehabilitation programs including lower limb endurance training on dyspnea in stable COPD: A systematic review and meta-analysis

Pages 355-366

Yuji Higashimoto, Morihide Ando, Akiko Sano, Sho Saeki, Yusaku Nishikawa, Kanji Fukuda, Yuji Tohda

Original articles

Pleural fluid lactate as a point-of-care adjunct diagnostic aid to distinguish tuberculous and complicated parapneumonic pleural effusions during initial thoracentesis: Potential use in a tuberculosis endemic setting

Pages 367-375

Sze Shyang Kho, Swee Kim Chan, Mei Ching Yong, Hui Min Cheah, YC Gary Lee, Siew Teck Tie

Comparison of ultrathin bronchoscopy with conventional bronchoscopy for the diagnosis of peripheral lung lesions without virtual bronchial navigation

Pages 376-380

Toshiyuki Sumi, Takumi Ikeda, Takeyuki Sawai, Naoki Shijubou, Kenichi Kure, Yuichi Yamada, Hisashi Nakata, Yuji Mori, Hiroki Takahashi

Comparison of different transbronchial biopsy sampling techniques for the diagnosis of peripheral pulmonary lesions with radial endobronchial ultrasound-guided bronchoscopy: A prospective study

Pages 381-386

Viboon Boonsarngsuk, Tananchai Petnak, Apichart So-ngern, Bancha Saksitthichok, Wasana Kanoksil

Outcomes and predictive factors for successful smoking cessation therapy in COPD patients with nicotine dependence

Pages 387-394

Rika Hashimoto, Hiromi Tomioka, Takamasa Wada, Yuko Yoshizumi

A modified GAP model for East-Asian populations with idiopathic pulmonary fibrosis

Pages 395-402

Hirotaka Nishikiori, Hirofumi Chiba, Sang Hoon Lee, Shun Kondoh, Ken-ichi Kamo, Koshi Nakamura, Kimiyuki Ikeda, Koji Kuronuma, Man Pyo Chung, Yasuhiro Kondoh, Sakae Homma, Naohiko Inase, Moo Suk Park, Hiroki Takahashi

A retrospective observational study of the treatment of a nosocomial infection caused by oseltamivir-resistant influenza virus A with baloxavir marboxil

Pages 403-408

Miyako Fujita, Hirotsugu Matsumoto, Yasuo Inafuku, Jun Toyama, Jiro Fujita

Trends in clinical features of novel coronavirus disease (COVID-19): A systematic review and meta-analysis of studies published from December 2019 to February 2020

Pages 409-418

Toshie Manabe, Hiroyasu Akatsu, Kazuhiko Kotani, Koichiro Kudo

Rapid Communication

COVID-19: Role of neutrophil extracellular traps in acute lung injury

Pages 419-420

Ahmed Yaqinuddin, Peter Kvietys, Junaid Kashir

Letter to the Editor

Histological differences between sarcoidosis and lung cancer-related sarcoid reaction

Pages 421-424

Yoshiaki Kinoshita, Hiroshi Ishii, Yoshinobu Eishi, Keisuke Uchida, Masayo Yoshimura, Akinori Iwasaki, Masaki Fujita, Kazuki Nabeshima, Kentaro Watanabe

先頭へ戻る

オンラインジャーナルはこちらから

→ https://www.jrs.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=9

オンライン投稿システム:EVISE

新規投稿はこちらから
→ https://www.editorialmanager.com/RESINV/default.aspx

先頭へ戻る

日本呼吸器学会
Respiratory Investigation 編集事務局
代行:エルゼビア・ジャパン株式会社
◎本メールアドレスは配信専用となっております。
◎ご意見、お問い合わせは、info@jrs.or.jpへ。
◎メールマガジン不要の方は、会員専用ページにて変更処理をお願い致します。
発行・編集:一般社団法人 日本呼吸器学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 https://www.jrs.or.jp/
Copyright © 2005 一般社団法人日本呼吸器学会 All rights reserved.
※著作権等、無断での二次転用・転記を固く禁じます。
※このメールマガジンは等幅フォントでご覧いただくことをお薦めします。