一般社団法人日本呼吸器学会
Japanese Respiratory Society Newsletter
  Respiratory Investigation Vol.58 No.3
Respiratory Investigation

Respiratory Investigation Vol. 58 Issue. 3, May 2020が出版となりました。
目次をお知らせいたします。


日本呼吸器学会会員 各位

Respiratory Investigation
編集委員長 藤田 次郎

 Respiratory Investigation: Volume 58、Issue 3をオンラインジャーナルとしてご覧いただけますので、編集委員長の立場で目次を紹介させていただきます。
 今号はEditorsによるEditorial 3編、Review Articles 1編、Original Articles 8編、Rapid Communication 1編、およびCase Reports 2編で構成されています。非常に充実した内容になっており、著者の方々に感謝したいと存じます。
 Editorialでは、慢性咳嗽に関するもの、細菌性肺炎の起炎菌としてのCorynebacterium speciesの意義、および結核と非結核性抗酸菌症(Mycobacterium avium complex)との画像所見の対比の原著論文、などについての話題を取り上げました。またEditorsの一人である京都大学、松本久子先生による喘息におけるperiostinの役割に関するReview Articleを掲載しました。Original ArticlesとRapid Communicationsとしては、感染症に関するもの3編、および間質性肺疾患に関するもの5編を中心に9編掲載しました。また今回、Case Reportsも2編掲載しています。バランスの取れた構成になったと考えております。Issue 3では、Issue 2と同様に多くのOriginal Articlesを掲載しましたが、まだ掲載を待っているOriginal Articlesは多数あります。採択から掲載までの期間を短くすることも重要な課題ですので、これらを順次掲載していきたいと存じます。
 編集委員会では、Guidelines、Statements、およびReviews Articlesを増やすための工夫を継続しています。その一環として、理事会等で自薦、および他薦でReview Articleの投稿を促しておりますし、また前号で述べたように、Associate Editorsの先生方に、Review Articlesのご執筆をお願いしています。さらに編集委員会から、代議員の先生方にReview Articlesの執筆依頼を継続して行っています。
 本誌に関して、Impact Factor 取得のためクラリベイト・アナリティクス社に申請中であることは何度もお伝えしているところです。現在は、第一段階の審査を突破して、いよいよ将来のScience Citation Index Expanded (SCIE)収載の審査対象とするかどうかを決定する重大な局面に入っています。このため本誌の掲載論文が審査期間内にどれだけ引用されるかが重要な因子となります。 Impact Factorを上げるために、今後もReview Articles、Guidelines、およびStatementsなどを優先的に掲載したいと考えています。また新たな方針として、論文の審査を若干厳しくすること、およびRapid communicationにAbstractを付することを決定しました。これもImpact Factorを上げるための工夫の一環です。
 最後に編集委員長から執筆者の先生方へのお願いがあります。それは英文論文を投稿する際には、Respiratory Investigationに掲載された論文を積極的に引用していただければと存じます。編集者一同、よりよい英文誌にするために奮闘していますので、今後とも英文誌Respiratory Investigationへのご支援を、よろしくお願いいたします。


目次

Cover Image Respiratory Investigation

Respiratory Investigation

Volume 58, Issue 3, Pages 129-224 , May 2020

Editorial Board

Page ii

Editorials

Approach to management of chronic cough and chronic airway diseases: “Treatable traits” or correct diagnosis?

Pages 129-130

Hisako Matsumoto

Corynebacterium species as one of the major causative pathogens of bacterial pneumonia

Pages 131-133

Kazuhiro Yatera, Hiroshi Mukae

Comparison of chest computed tomography findings in nontuberculous mycobacterial diseases and Mycobacterium tuberculosis lung disease

Pages 134-136

Jiro Fujita

Original Article

Comparison of the chest computed tomography findings between patients with pulmonary tuberculosis and those with Mycobacterium avium complex lung disease

Pages 137-143

Kiyotaka Miura, Megumi Nakamura, Yasuyuki Taooka, Takamasa Hotta, ... Takeshi Isobe

Review Article

Role of serum periostin in the management of asthma and its comorbidities

Pages 144-154

Hisako Matsumoto

Original Articles

Inhibitory effects of glycopyrronium, formoterol, and budesonide on coronavirus HCoV-229E replication and cytokine production by primary cultures of human nasal and tracheal epithelial cells

Pages 155-168

Mutsuo Yamaya, Hidekazu Nishimura, Xue Deng, Mitsuru Sugawara, ... Tetsuaki Kawase

Ability of high-resolution computed tomography to distinguish Mycoplasma pneumoniae pneumonia from other bacterial pneumonia: Significance of lateral bronchial lesions, less air bronchogram, and no peripheral predominance

Pages 169-176

Masanori Nakanishi, Kiyoshi Nakashima, Masafumi Takeshita, Takeo Yagi, ... Hiroki Yamada

Predictors of acute exacerbation in biopsy-proven idiopathic pulmonary fibrosis

Pages 177-184

Tomoo Kishaba, Hironao Hozumi, Tomoyuki Fujisawa, Yuichiro Nei, ... Takafumi Suda

Deterioration of high-resolution computed tomography findings predicts disease progression after initial decline in forced vital capacity in idiopathic pulmonary fibrosis patients treated with pirfenidone

Pages 185-189

Hisao Higo, Nobuaki Miyahara, Akihiko Taniguchi, Satoru Senoo, ... Katsuyuki Kiura

Pulse oximetry saturation can predict prognosis of idiopathic pulmonary fibrosis

Pages 190-195

Reoto Takei, Yasuhiko Yamano, Kensuke Kataoka, Toshiki Yokoyama, ... Yasuhiro Kondoh

Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease

Pages 196-203

Naoto Aiko, Hideaki Yamakawa, Tae Iwasawa, Tamiko Takemura, ... Takashi Ogura

Analysis of bronchoalveolar lavage samples collected from 30 patients with drug-induced pneumonitis

Pages 204-211

Momoko Yamauchi, Shusaku Haranaga, Gretchen Parrott, Takeshi Kinjo, ... Jiro Fujita

Rapid Communication

Evaluation of endobronchial volatile sulfur compounds for rapid diagnosis of lung abscesses caused by obligate anaerobes using Oral Chroma™: A pilot study

Pages 212-215

Takahiro Takazono, Yoshifumi Imamura, Masayasu Kitamura, Reiko Furugen, ... Hiroshi Mukae

Case Reports

Pulmonary tuberculosis misdiagnosed as extensively drug-resistant tuberculosis due to selection of a nontuberculous mycobacterial colony from a preculture dish used for a drug-susceptibility test

Pages 216-219

Reina Ohji, Tsutomu Shinohara, Hiroshi Ohji, Nobuo Hatakeyama, ... Fumitaka Ogushi

Resecting a giant malignant lung tumor in a patient with unilateral acute interstitial pneumonitis

Pages 220-224

Hiroshi Yabuki, Muneo Minowa, Yuma Adachi, Yasuka Hara, ... Yoshifumi Matsuura

先頭へ戻る

オンラインジャーナルはこちらから

→ https://www.jrs.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=9

オンライン投稿システム:EVISE

新規投稿はこちらから
→ https://www.evise.com/profile/#/RESINV/login

先頭へ戻る

日本呼吸器学会
Respiratory Investigation 編集事務局
代行:エルゼビア・ジャパン株式会社
◎本メールアドレスは配信専用となっております。
◎ご意見、お問い合わせは、info@jrs.or.jpへ。
◎メールマガジン不要の方は、会員専用ページにて変更処理をお願い致します。
発行・編集:一般社団法人 日本呼吸器学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 https://www.jrs.or.jp/
Copyright © 2005 一般社団法人日本呼吸器学会 All rights reserved.
※著作権等、無断での二次転用・転記を固く禁じます。
※このメールマガジンは等幅フォントでご覧いただくことをお薦めします。