一般社団法人日本呼吸器学会
Japanese Respiratory Society Newsletter
  Respiratory Investigation Vol.56 No.6
Respiratory Investigation

Respiratory Investigation Vol.56 Issue.6, November 2018が出版となりました。
目次をお知らせいたします。


日本呼吸器学会会員 各位

Respiratory Investigation
編集委員長 藤田 次郎

 Respiratory Investigation: Volume 56, Issue 6、をオンラインジャーナルとしてご覧いただけますので編集委員長の立場で目次を紹介させていただきます。今号はEditorials 2編、Review論文1編、Original論文8編で構成されています。前回よりOriginal論文の数が3編増加しています。
 Editorialでは、特発性肺線維症に関するガイドラインが英文化され公表されたこともあり、特発性肺線維症の新しい話題をとりあげていただきました。またobesity-associated severe asthmaに関する論文に対してeditorialを付していただきました。また今号のreviewでは、産業医科大学の矢寺教授に,下気道のmicrobiomeに関する知見を概説していただきました。Hiraishiらによる気管支鏡を用いた細菌培養の論文と合わせてお読みいただければと存じます。
 さて、本誌に関して、Impact Factor 取得のためクラリベイト・アナリティクス社に申請中であることはすでにお伝えしているところです。現在は、第一段階の審査を突破して、いよいよ将来のScience Citation Index Expanded (SCIE)収載の審査対象とするかどうかを決定する重大な局面に入っています。この決定には本誌のクオリティーが問われるのは言うまでもありませんが、掲載論文が審査期間内にどれだけ引用されるかが大きな決定因子となります。またImpact Factorを上げるためには、Review論文の掲載が重要と考えていますので、このための工夫を今後とも継続したいと考えています。現在、Review論文を増加させるため、associate editorsの先生方に、ご執筆をお願いしているところです。またガイドライン、ステートメントなどを掲載することも企画しています。
 本号では前号に引き続いてCase Reportsの掲載はありませんでした。英文誌Respiratory Investigationでは発刊当初から1例報告は避ける方針でスタートしています。ただし1例でも優れた独創性のある論文は掲載していきたいと考えています。
 今後ともさらに充実した内容の雑誌を発刊したいと願っています。編集者一同、よりよい英文誌にするために奮闘していますので、今後とも英文誌Respiratory Investigationへご支援のほど、よろしくお願いいたします。

目次

Volume 56, Issue 5, Pages 371-426, September 2018 Respiratory Investigation
Volume 56, Issue 6, Pages 427-502, November 2018


  Editorial
New era of Idiopathic Pulmonary Fibrosis   
Pages 427-429
Tomoo Kishaba
Obesity and severe asthma in Japan: Similarities and differences with Western countries   
Pages 430-431
Kazuto Matsunaga
  Review Article
The microbiome in the lower respiratory tract   
Pages 432-439
Kazuhiro Yatera, Shingo Noguchi, Hiroshi Mukae
  Original Articles
Obesity-associated severe asthma in an adult Japanese population   
Pages 440-447
Masako To, Akihiro Hitani, Yuta Kono, Natsue Honda, Ichino Kano, Kosuke Haruki, Yasuo To
Respiratory evaluation of the risk for postoperative pulmonary complications in patients who preoperatively consulted pulmonologists: Studying both patients who underwent and who precluded planned surgery   
Pages 448-456
Susumu Hirosako, Kazuyoshi Nakamura, Shohei Hamada, Kazuaki Sugahara, Chieko Yoshida, Sho Saeki, Keisuke Kojima, Shinichiro Okamoto, Hidenori Ichiyasu, Kazuhiko Fujii, Hirotsugu Kohrogi
Factors affecting bacterial culture positivity in specimens from bronchoscopy in patients with suspected lung cancer   
Pages 457-463
Yoshihisa Hiraishi, Takehiro Izumo, Shinji Sasada, Yuji Matsumoto, Toshiyuki Nakai, Takaaki Tsuchida, Hisashi Baba
Low positive titer of anti-melanoma differentiation-associated gene 5 antibody is not associated with a poor long-term outcome of interstitial lung disease in patients with dermatomyositis   
Pages 464-472
Satoshi Sakamoto, Masaki Okamoto, Shinjiro Kaieda, Kiminori Fujimoto, Shuji Nagata, Masaki Tominaga, Masayuki Nakamura, Yoshiaki Zaizen, Takashi Nouno, Takuma Koga, Tomotaka Kawayama, Masataka Kuwana, Hiroaki Ida, Tomoaki Hoshino
Clinical and pathological characteristics of surgically resected intrapulmonary lymph nodes: Can they be differentiated from other malignant nodules?   
Pages 473-479
Takeshi Kawaguchi, Noriyoshi Sawabata, Tokiko Nakai, Sachiko Miura, Norikazu Kawai, Motoaki Yasukawa, Takashi Tojo, Chiho Ohbayashi, Shigeki Taniguchi
COPD assessment test as a possible tool for evaluating health-related quality of life in lymphangioleiomyomatosis   
Pages Pages 480-488
Miharu Kato, Yumiko Kanehiro, Kaku Yoshimi, Yuzo Kodama, Mitsuaki Sekiya, Tadashi Sato, Kazuhisa Takahashi, Kuniaki Seyama
Quantitative measurement of airway dimensions using ultra-high resolution computed tomography   
Pages Pages Pages 489-496
Naoya Tanabe, Tsuyoshi Oguma, Susumu Sato, Takeshi Kubo, Satoshi Kozawa, Hiroshi Shima, Koji Koizumi, Atsuyasu Sato, Shigeo Muro, Kaori Togashi, Toyohiro Hirai
Reference equation for the incremental shuttle walk test in Japanese adults   
Pages Pages 497-502
Masatoshi Itaki, Ryo Kozu, Kenichiro Tanaka, Hideaki Senjyu

先頭へ戻る

オンライン投稿システムが変わりました。

2018年6月1日から新規投稿受付は新投稿システムのEVISEになりました。

新規投稿はこちらから
→ https://www.evise.com/profile/#/RESINV/login

先頭へ戻る

日本呼吸器学会
Respiratory Investigation 編集事務局
代行:エルゼビア・ジャパン株式会社
◎本メールアドレスは配信専用となっております。
◎ご意見、お問い合わせは、info@jrs.or.jpへ。
◎メールマガジン不要の方は、会員専用ページにて変更処理をお願い致します。
発行・編集:一般社団法人 日本呼吸器学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 http://www.jrs.or.jp/
Copyright © 2005 一般社団法人日本呼吸器学会 All rights reserved.
※著作権等、無断での二次転用・転記を固く禁じます。
※このメールマガジンは等幅フォントでご覧いただくことをお薦めします。