一般社団法人日本呼吸器学会
Japanese Respiratory Society Newsletter
  Respiratory Investigation Vol.54 No.4
Respiratory Investigation

Respiratory Investigation Vol.54 Issue.4, July 2016 が出版となりました。
目次をお知らせいたします。


日本呼吸器学会会員 各位

Editor-in-Chief
Respiratory Investigation
西村 正治

日本呼吸器学会発刊の英文誌Respiratory Investigation: Volume 54, Issue 4, p221-296、をオンラインジャーナルとしてご覧いただけますので目次をご紹介します。
是非、ご興味のある論文に目を通していただければ幸いです。
今回は特集として、Cutting Edge Technology in Bronchoscopy: Japanese Views and Perspectives 3本のReview論文を石井芳樹先生によるEditorialとともに掲載しています。

本年5月より本誌Editor-in-Chiefは前任の貫和敏博先生から私 西村正治に交替しました。
貫和先生におかれましては、本誌を英文誌として発刊する準備段階から並々ならぬご尽力をいただき、2012年発刊後も順調に発展させ、英文学術誌としての地位を高めることに多大な貢献をされました。
この紙面を借りて改めて日本呼吸器学会会員一同を代表して御礼申し上げます。

さて、その貫和先生のご尽力により、現在本誌はImpact Factor取得のためトムソン・ロイター社に申請中です。
おそらく、これから向後2年間にわたり観察期間に入り、雑誌自体のクオリティーや掲載された論文の引用度合い等々が調査される模様です。

会員の皆様におかれましては、英語論文の投稿先として是非とも本誌をお加えいただくとともに、掲載論文をできるだけ多く他誌への投稿の際にも引用していただきますようお願い申し上げます。

なお、上記のようにImpact Factorの取得を第一の課題と考えて、本誌では重要な科学的発見や臨床の実践に直接影響すると思われる内容を含んでいると考えられる場合を除いてCase Reportは原則掲載しないことに致しました。
編集委員会の全会一致で決定させていただきましたのでこの場を借りてお知らせします。
近日中に編集方針の変更を公表する所存です。

今後ともさらに充実した内容の雑誌を発刊してまいります。
英文誌Respiratory Investigationへご支援のほど、よろしくお願い致します。

目次

Editorial

Editorial transition and the role of respiratory investigation
M. Nishimura

先頭へ戻る

Topics Series: Cutting Edge Technology in Bronchoscopy: Japanese Views and Perspectives

Editorial

New era of respiratory endoscopy
Y. Ishii

先頭へ戻る

Reviews

Advanced bronchoscopy for the diagnosis of peripheral pulmonary lesions
F. Asano

Recent advances in endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration
T. Nakajima, K. Yasufuku, T. Fujiwara and I. Yoshino

Choke point physiology in airway stenting: A case presentation and discussion
T. Miyazawa, S. Nobuyama, H. Nishine, H. Handa and M. Mineshita

先頭へ戻る

Regular Articles

Review

Origins of and implementation concepts for upper airway stimulation therapy for obstructive sleep apnea
K.P. Strohl, J. Baskin, C. Lance, D. Ponsky, M. Weidenbecher, M. Strohl and M. Yamauchi

Original Articles

Rigid bronchoscopic intervention for endobronchial metastasis of renal cell carcinoma
R. Tsuboi, M. Oki, H. Saka, Y. Kogure, S. Oka, M. Nakahata, K. Hori, Y. Murakami, Y. Ise, S.N. Moursi Ahmed, M. Tao and C. Kitagawa

Pathogen profiles and molecular epidemiology of respiratory viruses in Japanese inpatients with community-acquired pneumonia
D. Kurai, Y. Sasaki, T. Saraya, H. Ishii, H. Tsukagoshi, K. Kozawa, A. Ryo, T. Ishioka, M. Kuroda, K. Oishi, H. Takizawa and H. Kimura

Diagnostic criteria that can most accurately differentiate allergic bronchopulmonary mycosis from other eosinophilic lung diseases: A retrospective, single-center study
T. Ishiguro, N. Takayanagi, R. Uozumi, Y. Baba, E. Kawate, Y. Kobayashi, Y. Takaku, N. Kagiyama, Y. Shimizu, S. Morita and Y. Sugita

Pulmonary alveolar proteinosis-like change: A fairly common reaction associated with the severity of idiopathic pulmonary fibrosis
S. Nunomura, T. Tanaka, T. Nakayama, K. Otani, H. Ishii, K. Tabata, Y. Kondoh, K. Kataoka, T. Johkoh, H. Taniguchi and J. Fukuoka

Case Reports

Biphasic flow-volume loop in granulomatosis with polyangiitis related unilateral bronchus obstruction
A. Agrawal, S. Sahni, G. Marder, R. Shah and A. Talwar

Severe respiratory failure as a presenting feature of an interstitial lung disease associated with anti-synthetase syndrome (ASS)
I.M.G. Piroddi, G. Ferraioli, C. Barlascini, C. Castagneto and A. Nicolini

A case of non-specific interstitial pneumonia with recurrent gastric carcinoma and anti-Jo-1 antibody positive myositis
C. Ebisutani, I. Ito, M. Kitaichi, N. Tanabe, M. Mishima and S. Kadowaki

Letter to the Editor

Smart watch for monitoring physical activity in patients with chronic obstructive pulmonary disease
O. Hataji, T. Kobayashi and E.C. Gabazza

先頭へ戻る

Corrigendum

Corrigendum to "High-flow nasal cannula oxygen therapy for acute exacerbation of interstitial pneumonia: A case series" : [Respiratory Investigation (2016) 125 - 129]
Y. Horio, T. Takihara, K. Niimi, M. Komatsu, M. Sato, J. Tanaka, H. Takiguchi, H. Tomomatsu, K. Tomomatsu, N. Hayama, T. Oguma, T. Aoki, T. Urano, A. Takagi and K. Asano

先頭へ戻る

オンラインジャーナル、投稿は下記URLよりお願いいたします。

→ http://www.jrs.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=9

先頭へ戻る

日本呼吸器学会
Respiratory Investigation 編集事務局
代行:エルゼビア・ジャパン株式会社
◎本メールアドレスは配信専用となっております。
◎ご意見、お問い合わせは、info@jrs.or.jpへ。
◎メールマガジン不要の方は、会員専用ページにて変更処理をお願い致します。
発行・編集:一般社団法人 日本呼吸器学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 http://www.jrs.or.jp/
Copyright © 2005 一般社団法人日本呼吸器学会 All rights reserved.
※著作権等、無断での二次転用・転記を固く禁じます。
※このメールマガジンは等幅フォントでご覧いただくことをお薦めします。