Last Update:2020年10月28日

特定地域関連施設

特定地域関連施設一覧

日本呼吸器学会特定地域関連施設とは

 日本呼吸器学会特定地域関連施設とは、呼吸器診療の均てん化を図るために、呼吸器専門医数が極端に不足し、また専門医養成に支障をきたしている地域に限定して設けた施設です。 呼吸器疾患を診療するための病床数が一定以上あり、日本内科学会教育病院または教育関連病院に認定され、かつ日本呼吸器学会認定施設との連携のもとで呼吸器疾患の臨床研修を行うことができる等の要件を満たしていること等を条件に認定されています。

お願い

市民のみなさまへ
 当事務局では、患者さん個々のご相談や医療機関や医師のご紹介は致しておりません。担当の医師又はお近くの医療機関にご相談ください。医師の在籍については、受診の際に医療機関にご確認ください。

会員のみなさまへ
 従来の専門医制度での施設認定申請(新規・更新)受付は2018年度で終了となり、2019年度より、呼吸器専門研修プログラム(施設群)へ移行となりました。

このページは旧専門医制度の施設認定一覧となります。

旧制度における施設認定(日本呼吸器学会による認定)は現在の認定期間をもって終了となります。新制度における施設認定(日本専門医機構による認定)は、自動移行ではございませんので、各施設、申請が必要となります。(新制度への移行は、認定期間終了を待つ必要はございません)

初回募集は2019年度におこなっており、旧制度「認定施設」「関連施設」「特定地域関連施設」904施設のうち、849施設はすでに新制度の申請をいただいております。【2020年10月27日現在】

新専門医制度については、こちらのページをご参照下さい。


特定地域関連施設一覧

 

ページの先頭へ