新専門医制度

関連ページ

Last Update:2020年10月27日

新専門医制度(呼吸器専門研修プログラム)

  新専門医制度(呼吸器専門研修プログラム)に関しまして

2020年9月16日

日本呼吸器学会
専門医制度プログラム審査委員会

平素より大変お世話になり、ありがとうございます。
2019年度に申請いただきました呼吸器専門研修プログラム(全239施設群)の一覧を掲載いたします。

なお、プログラムコードにつきましては、在籍確認の際、お伝えしたものと変更となっておりますので、ご了承ください。

現在、日本専門医機構による当学会を含めた全サブスペシャルティ領域専門研修のプログラム整備基準の認定が遅れている状況です。
新・呼吸器専門医制度は、初期臨床研修を2016年4月に開始し、基盤領域(内科や外科など)専門研修を2018年4月から開始した専攻医を対象としております。日本専門医機構認定によるサブスペシャルティ領域専門医制度について、2022年4月から認定開始と当初予定より1年延期となりましたが、すでに研修を行っている専攻医の方の研修に切れ目が生じることのないよう、各サブスペシャルティ学会で暫定的に専門医制度を運用し、2021年4月に遡って専門医機構が認める方向で検討されています。よって、日本呼吸器学会でも暫定的に新・呼吸器専門医制度を運用してまいります。
なお、2016年3月までに初期研修を開始した先生方は、これまでの専門医制度で呼吸器専門医になることを目指していただきます。

 

 

● 2019年度 申請施設一覧について       2020.10.27更新

 内科系 239プログラム一覧(2019年度呼吸器専門研修プログラム)

※基幹施設の都道府県順で掲載しております。
※プログラムコードにつきましては、在籍確認の際、お伝えしたものと変更となっておりますので、ご了承ください。
※現時点では、外科系のプログラムはございません。

 

※なお、2019年度に申請頂いているプログラム(施設群)に関して
 追加・変更がない場合は、現時点で新たに提出いただくものは何もございません。

 

 今後、日本専門医機構より整備基準・運用細則が発出されましたら、
 「基幹施設」には、その内容に沿った研修プログラムを提出いただくこととなりますが
 その際は改めてお知らせいたします。

 

● J-OSLER-呼吸器のリリースについて

今年度中のリリースに向け準備中です。
内科専門研修期間中*にJ-OSLERに登録している呼吸器専門研修に相応しい症例経験と病歴要約で呼吸器指導医(内科指導医兼務)が承認したものは、呼吸器版のJ-OSLERにデータ移行いただける設計で準備しています。

*内科専門研修期間中(初期臨床研修期間は該当しません)に、呼吸器専門研修施設(かつ内科専門研修施設)で呼吸器専門研修に相応しい研修実績に限定されています。

 

 

● 2020年度募集について

諸事情でご案内が遅くなりましたが、2020年度募集を開始することとなりました。

  呼吸器専門研修プログラムの募集スケジュール

2020年度募集で申請する施設は、必ず①②両方を満たすこと
①申請時点(2020年10月)で要件を満たしている施設であること。
②2020年度の研修期間中(2020年4月~)、要件を満たしていた施設であること。
 

※指導医や専門医は、今年度申請者は含めないこと

※施設群の新規申請の場合、2020年の研修期間中は要件を満たしていなかった「連携施設」「関連施設」については、今回の申請には含めず、2021年度申請の際に、施設追加申請をお願いいたします。

 

 

●募集内容 および 申請書(2020年度募集)    2020.9.30更新

※現時点では、施設群(施設の組み合わせ)のみの申請となります。
 今後、日本専門医機構より整備基準・運用細則が発出されましたら、
「基幹施設」には、その内容に沿った研修プログラムを提出いただくこととなります。

 

前回(2019年度)の申請書から変更となりました。
下記、申請書をご使用ください。なお、手書きは不可となります。

 

≪ 内科系 ≫

  プログラム(施設群)新規申請 

2019年度に「基幹施設」として申請していない施設が、
2020年度より「基幹施設」としてプログラム(施設群)の新規申請をする場合

 

  施設追加申請

 2019年度申請済みプログラム(施設群)への「連携施設」「関連施設」の追加申請する場合

 

  区分変更申請

 2019年度申請済みプログラム(施設群)の「連携施設」「関連施設」の区分変更申請する場合

 

※外科系での申請をご希望の場合は、学会事務局( jrs-senmoni@jrs.or.jp )までお知らせください。

 

 

● 提出方法(2020年度募集)            2020.9.30更新

詳細は、各種申請書内の「申請方法」をご確認ください。

提出期間 : 2020年10月1日(木)~11月30日(月)当日消印有効

 

 

● 整備基準

呼吸器専門研修プログラムの整備基準は、下記よりご確認ください
なお、会員のみ閲覧可となっておりますので、非会員で必要とされる方は、会員の方にダウンロードいただくか、学会事務局へお問合せください。

https://www.jrs.or.jp/modules/newspe/index.php?content_id=4

 

 

● 「基幹施設」「連携施設」「関連施設」の主な要件

詳細は、整備基準を必ずご確認ください。

 

【 基幹施設 】

(1)原則、内科または外科領域専門研修プログラムの研修施設であること

(2)呼吸器指導医が2名以上常勤していること

(3)呼吸器系病床として20床以上有すること

(4)専門研修に必要な剖検を適切に行っていること.(剖検室を有しかつ剖検実績を有すること)

(5)医療倫理・医療安全・感染対策講習会・CPCを定期的に開催していること

 

【 連携施設 】

(1)呼吸器指導医が1名以上常勤していること

(2)呼吸器系病床として10床以上有すること

(3)医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催していることが望ましい

(4)CPCを定期的に開催しているか,参画していること

 

【 関連施設 】

(1)基幹施設との十分な連携下に定期的指導教育体制がとられていること

(2)呼吸器専門医もしくは関連分野の専門医・指導医が常勤し,良質な呼吸器疾患の診療体制がとられていること

※関連分野の専門医…総合内科専門医、外科専門医、呼吸器外科専門医、気管支鏡専門医

 

 

● 2021年度呼吸器専門研修プログラム(施設群)の募集について

   呼吸器専門研修プログラムの募集スケジュール

 2021年度の呼吸器専門研修プログラム(施設群)新規申請につきましては、2021年1月~受け付ける予定です。申請書は12月中旬に掲載予定のため、お待ちください。

 


なお、2019年度に申請いただきました施設群につきまして、2020年1月頃にご提出いただきました在籍確認書に記載のお問合せ先や、指導医の情報に変更がございましたら、学会事務局( jrs-senmoni@jrs.or.jp )までお知らせください。
よろしくお願い申し上げます。

 

問い合わせ先:一般社団法人日本呼吸器学会 事務局 専門医制度係
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 E-mail:jrs-senmoni@jrs.or.jp

 

関連ページ

ページの先頭へ