Last Update:2019年12月23日

第40回生涯教育講演会(呼吸器セミナー)テキスト

第40回「生涯教育講演会」序文

 この度、日本呼吸器学会「生涯教育講演会」を開催させていただくことになりました。今回は第40回となり、長い歴史を感じています。例年の通り、春、秋に同じ内容で予定しており、春は学術講演会の前日となります、2019年4月11日(木曜日)に東京国際フォーラムにて[第59回日本呼吸器学会学術講演会 会期:2019年4月12日(金曜日)~14日(日曜日)]、秋には2019年10月12日(土曜日)に旭川市の星野リゾートOMO7旭川(旧旭川グランドホテル)にて開催いたします。秋の講演会は2018年の札幌市での第39回に引き続いて北海道での開催ですが、広い北海道の開拓と我が国の防衛の中心として発展してきた旭川市は、札幌市と趣が異なりますので是非お運び頂きたいと願っています。

 講演会では、各学術部会から推薦をいただいたその分野のエキスパートの講師の方々に、春と秋の二度の講演をお願いしています。近年の呼吸器疾患治療薬の開発は目覚ましいものがあり、重症気管支喘息、COPD、特発性肺線維症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、LAMなど、よくみる疾患から希少疾患まで新たな治療効果が期待できるようになってきました。肺癌の内科的治療に対しても、従来の抗癌剤治療や分子標的薬治療に加え、免疫チェックポイント阻害薬が導入されて、進行肺癌でも治癒するかもしれないという希望が生まれてきました。このように刻々と改善してゆく呼吸器診療に遅れない知識を学べるように、また、呼吸器診療に興味を持つ若手医師が増えるようにと願いを込めて、テーマを「呼吸器診療の革新とその成果」とさせていただきました。

 この講演会に参加された方は、最先端の研究成果がどのように実地の診療に生かされているのか、これからどのような新しい診断や治療が生まれるのかを実感できるものと確信いたします。

第40回生涯教育講演会 春期・秋期会長
旭川医科大学病院呼吸器センター 大崎 能伸

 

» テキストPDFダウンロード会員限定

第40回生涯教育講演会(呼吸器セミナー)テキストをご覧いただけるのは学会員のみとなります。学会員の方はユーザー名、パスワードの要求画面に以下のように入力してください。

ユーザー名(ID番号)
会員番号を5桁半角で入力してください(5桁以下の会員番号の方は左に0を付け足して5桁にしてください)。
※仮入会の方はメールアドレスになります。
パスワード
生年月日を西暦8桁半角で入力してください。
ユーザー名(ID番号) 00001
パスワード(1964年2月1日生まれの場合) 19640201

ページの先頭へ