JRS Channel

Last Update:2020年1月6日

突田 容子先生『女性医師がライフステージにおいて働き方を変える事ができるのも呼吸器内科の魅力の1つ』

ご協力いただいた先生

突田 容子先生(東北大学病院 呼吸器内科)

内容

楽しさについて

突田:呼吸器内科では肺がん・肺炎・COPD・喘息など多岐にわたる疾患を扱うことができます。治療ではステロイド・抗菌薬・抗がん剤を上手に使いこなすことが求められます。非常に難しいですが大きなやりがいを感じています。

 

若手医師に呼吸器を教えることの喜び

突田:呼吸器内科で教えることができる血液ガス・胸部レントゲン・抗菌薬などの知識は何科になっても必須の知識ですので非常に教え甲斐があります。
また胸部異常陰影については鑑別疾患をともに考える過程で呼吸器内科の面白さを伝えることができればと思っています。

呼吸器内科と女性医師について

突田:呼吸器内科では急性の病態も慢性の病態も扱います。若い頃はICUで人工呼吸器や全身管理について学ぶ、家庭が忙しい時期には外来で慢性疾患を持つ患者さんとじっくり向き合う、このように女性医師がライフステージにおいて働き方を変える事ができるのも呼吸器内科の魅力の1つだと考えております。
また、女性医師が比較的多い科ですので、自分が目標とする女性医師に出会うことができると思います。

呼吸器内科を選択することで感じたこと

突田:呼吸器内科では多岐にわたる疾患を扱いますので、呼吸器内科医として働く中で自分がより興味がある分野を見つけることができ、サブスペシャルティを持つことができます。一方で呼吸器内科をサブスペシャルティとして一般内科医として働くこともできます。
高齢化社会において呼吸器疾患を持つ患者さんは非常に増えておりますので、呼吸器内科医が活躍できる場は尽きないと思います。

メッセージ

突田:私自身進路に悩み、呼吸器内科に決めたのは初期研修が終わる直前でした、それから10年近く経ちますが、呼吸器内科を選んで良かったと心から思っております。皆さんも是非呼吸器内科医として一緒に働きましょう。

無料体験入会 ぜひご利用ください

  • 学術集会のストリーミングがオンラインでご覧になれます。
  • 学会機関誌(和文・英文)がオンラインでご覧になれます。
  • もちろん、2年間は会費は不要です。
医学生・研修医のみなさまへ。

ページの先頭へ