JRS Channel

Last Update:2019年12月4日

西野 宏一先生『同じ呼吸器内科でも非常に多くのキャリアパスが存在します』

ご協力いただいた先生

西野 宏一先生(医療法人 沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院 呼吸器内科)

内容

呼吸器内科を選んだ理由

西野:私は初期研修終了後より内科全般を見たいと思いまして、後期研修で総合内科の後期研修を行いました。その中で様々な疾患、悪性腫瘍や感染症などを診ていく中で次のステップとして臓器別の専門性を持つのになにが良いかというところを考えましたところ、まさに呼吸器内科というのは肺癌を中心とした悪性腫瘍やまた人工呼吸などの集中治療、COPDなどの慢性疾患など実に様々な疾患がある分野だということがわかりまして、自分の専門性として総合内科のバックグラウンドも活かせるような専門家として呼吸器内科を選択いたしました。

 

呼吸器内科に入って辛かったこと

西野:呼吸器診療をしていますと先程申し上げたとおり非常に疾患が多彩でして、勉強することが非常に多いということがやはり実感としてあります、なので基本的には普段診療する中ではですね、患者さん一人ひとりが非常に多彩だということで、その解決策を見つけていくということが基本的には私的にはかなり、特に最初の時期はですね辛いものがありました。ただその中でやりがいというか、良かったことというのは例えば間質性肺炎というのはですね、初学者にとって非常に掴みどころがなくて難しい疾患ですけども、徐々にCTの画像所見の読み方だとか、それに合わせた身体所見や検査の出し方など少しずつステップアップしてわかっていく。その中で過去にはできなかった診療が自分で患者さんに提供できるということで一歩一歩成長できるというところが私がやっていてよかったというところになります。

呼吸器学会学術研究活動の思い出や経験談

西野:呼吸器学会の総会はですね私はイングリッシュポスターセッションに何度か出させていただいたんですが、最初に出した時はですね英語も全くうまくできなくて座長の外国人の先生などのディスカッションもなかなか建設的なところができなくて悔しい思いをしたというのがありますが、参加したり自分で演題を発表したりするに連れて、徐々にそれも慣れてきまして、イングリッシュポスターセッションで座長の先生やまたフロアの先生からの質問を英語で受け答えをして非常に建設的なディスカッションができたときなどは続けてきてよかったなということを実感します。
また私は大学院に入りまして、基礎研究をするようになりましたところ、これまでに見えなかった基礎研究からの呼吸器診療という視点が新たに得られたことが非常に大きかったなというふうに感じております。

メッセージ

西野:最近は人生100年時代と言われておりまして、我々医師のキャリアに関しても非常に長くなってきております。その中で呼吸器疾患というのはその多彩さや患者さんの多さというところから同じ呼吸器内科でも非常に多くのキャリアパスが存在します。逆に言えば、この長い医者人生において自分のやりたいこと、そういったことが非常に得られやすい専門科だと思っております。非常にやりがいがある科ですので、皆さん是非呼吸器内科を目指していただければと思います。

無料体験入会 ぜひご利用ください

  • 学術集会のストリーミングがオンラインでご覧になれます。
  • 学会機関誌(和文・英文)がオンラインでご覧になれます。
  • もちろん、2年間は会費は不要です。
医学生・研修医のみなさまへ。

ページの先頭へ