JRS Channel

Last Update:2019年12月4日

重田 文子先生『ライフワークバランスを保ちつつ着実に医師としてのキャリアを積んでいきやすい科』

ご協力いただいた先生

重田 文子先生(千葉大学医学部附属病院 呼吸器内科)

内容

呼吸器内科医の楽しさ

重田:私が呼吸器内科医になった理由は学生時代に生命維持の基幹を担う呼吸生理学に興味を持ったからです。私の専門分野は肺循環ですが日常臨床でも学生時代に面白いと思った呼吸生理学に今でも携わることができています。呼吸生理学だけではなくたくさんの知識を持ち寄って出した治療方針で患者さんが改善していくのを見ると呼吸器内科医になってよかったなと思います。呼吸器内科の魅力ですけれども気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患・肺炎などのコモンディジーズだけではなく、肺がんなどの悪性腫瘍あとは肺高血圧症・間質性肺炎といった難病、とにかくカバーする領域が広いです。そうなりますと将来自分の専門分野を見つけるときに選択肢が広いっていうのが大きなメリットだと思います。またカバーする領域が広いということはたくさんの知識を要求されるんですけれども、また他の科と連携して患者さんを診ていくという機会も多いです。その中で呼吸器内科医だからこそ出すことができた治療方針で患者さんが改善していくところを見ると呼吸器内科になって良かったというふうに感じます。

 

若手医師に呼吸器を教えることの喜び

重田:私自身のその当時のことを思い出しながらどんなことに困っていたかなとかどんなことがわからなかったかなというところを振り返りながら常に彼らの動きにアンテナを張るように心がけています。その中で彼らが成長していく姿を見るとやりがいを感じます。また自分の専門分野以外になりますと、彼らのほうが知識が多いということもありまして教えられるということも度々です。そういった意味では世代を超えて共に医師として成長していける、そうしながら診療を進めていけるというところに喜びを感じます。

呼吸器内科と女性医師について

重田:呼吸器内科は女性医師が比較的多い科だと思います。そんなわけで若い女性医師にとってはその時々のロールモデルが身近にいらっしゃるのではないかなというふうに思います。私が務めている施設でも女性医師が多いんですけれども生活や働き方は様々です。そんな中で共有しなければいけない情報はしっかりと共有して困ったことがあったら介入してとにかく気兼ねなく悩みを相談できる同性がそばに居てくれるっていうのは非常に心強いです。もちろんそういったことに理解のある男性医師がそばに居てくれるということで私自身は非常に恵まれた環境で仕事をさせていただいているというふうに思っています。

呼吸器内科を選択することで感じたこと

重田:呼吸器内科の研修をするとその先の働き方は選択肢が広いと思います。もちろん一般病院で呼吸器内科医としてそのまま働き続けるっていうこともできますし、常にコモンディジーズを扱っているので開業をするというのも他の科に比べるとしやすいんじゃないかなというふうに思います。また患者さんの年齢層を考えますと高齢者医療にも詳しくなりますし肺がん患者さんを診させていただいていますのでがん診療だけではなくて緩和医療についても詳しくなることができます。あとは感染症も深い知識を学ぶことができますしそういった意味ではその先にこういった経験や知識を活かした形の働き方にシフトしやすい科じゃないかなと思います。あとは今でも健診では胸部単純レントゲンは非常に重要視されていますので、健診や予防医学に進むといった方も私は知っています。そういった意味ではですね色々な選択が広いという働き方の選択肢が広いという意味では、ライフワークバランスを保ちつつ着実に医師としてのキャリアを積んでいきやすい科ではないかというふうに思います。

呼吸器内科は女性医師が多くその時々でロールモデルとなる方がいらっしゃるのでとても心強いです。また働き方の選択肢も多くライフワークバランスを保ちながら、着実に医師としてのキャリアを積んでいくことができます。そんな魅力ある呼吸器内科で是非一緒に働きましょう。

無料体験入会 ぜひご利用ください

  • 学術集会のストリーミングがオンラインでご覧になれます。
  • 学会機関誌(和文・英文)がオンラインでご覧になれます。
  • もちろん、2年間は会費は不要です。
医学生・研修医のみなさまへ。

ページの先頭へ