JRS Channel

Last Update:2019年11月6日New

清水 薫子先生『勉強して、患者さんから教えてもらえる領域』

ご協力いただいた先生

清水 薫子先生(北海道大学病院 内科1 男女共同参画推進室)

内容

呼吸器内科医の楽しさ

清水:私の意見と、先輩・同僚の意見も全部合わせても、やはり幅が広いと言うことが一つありまして、一つ一つの疾患をゆっくり見ていって、一つ一つ考える時間もあったり、あと総合して急変のとき、急性期を乗り越えたりとか、いろんなフェーズがあったりと幅の広い領域だと思います。

 

若手医師に呼吸器を教えることの喜び

清水:呼吸器の疾患だけではないかもしれませんが、自分の知ってることを自分の頭の中だけではなく、言葉に出してみたり、あとは、実行してみたりすると自分の中でまた再確認して、それで疑問を教えてもらったり、逆にその答えから自分も、相乗効果・相加効果ですかねそのような感じで二人で一緒に、三人でもいいですが色々な角度から幅を持ってできるところかなと思います。

若手医師とともに呼吸器を学べることの楽しさ

清水:先程の質問と少し似てるかもしれませんが、私は今育児中ということもあって、病棟の方に深くは関わっていないのですが、外来の診療であっても私の当番ではないときに若手の先生が診療してくれたり、入院患者さんで頼んで帰ってきたときに一生懸命診てくれたような跡を見るととても嬉しいなということで、自分一人で患者さんを診ているわけではなく、その先生たちにとっても助けてもらってるということを入院を診ていなくても外来でもひしひし感じてとてもありがたいなと思っています。

呼吸器内科と女性医師について

清水:女性医師に限らないかもしれませんが、やはり色々な疾患を色々なフェーズで診れるということがあり、例えば、育児、女性に限らずですけれども、ペースが一定ではなく、色々な自分のライフイベントに合わせても私みたいに外来で診療したいっていうことであっても、勉強の方を続けられるような診療科だと思います。

呼吸器内科を選択することで感じたこと

清水:実は私、呼吸器の中でも緩和医療をやりたいと思い始めた者なのですが、実際にはその選択をせず、今は例えばですけれども、喘息・COPD・間質性肺炎・サルコイドーシス・過敏性肺炎、たくさんの疾患の患者さんに出会わせていただきました。
その中で初めにこの領域が面白いなと思っていても、それが違う方向に行ったとしても、勉強して、患者さんから教えてもらえる領域だと考えています。

職場の雰囲気について

清水:雰囲気ですが日中に一生懸命仕事をしなければというような感じで、精一杯やってくれているかなと思います。女性同士の悩みであったりとかカバーし合うのも大事だよねって言うことでいろいろ女性同士の助け合いっていうのもあるかなと思います。

診療のことをたくさん話しましたが、私自身は10年間ずっと臨床研究やっていて、研究もとてもおもしろい分野でわかっていないことがたくさんあります。
診療で出会う患者さん、同僚だけではなく、こうして学会で出会う先生たち、研究を通じて出会う先生たち、幅広くですね勉強させてもらえる、とてもとても楽しい未知の分野だと思うので、皆さん一緒に頑張っていきましょう。

無料体験入会 ぜひご利用ください

  • 学術集会のストリーミングがオンラインでご覧になれます。
  • 学会機関誌(和文・英文)がオンラインでご覧になれます。
  • もちろん、2年間は会費は不要です。
医学生・研修医のみなさまへ。

ページの先頭へ