JRS Channel

Last Update:2019年11月6日New

若林  綾先生『お互いに支えていこうという意識も高い科』

ご協力いただいた先生

若林  綾先生(藤沢市民病院 呼吸器内科)

内容

呼吸器内科を選んだ理由

若林:研修医になって初めて一緒に組んだ先生が呼吸器内科の先生でした、その先生のなさる診療というのがとても患者さん思いで、全人的な医療をされていましたので、素敵な科だなというふうに思いました。胸部のレントゲン写真を一枚見ても、そこに含まれるものの深さに驚きを覚えたもので、呼吸器内科にとても興味を持ちました。

 

プライベートと両立

若林:呼吸器内科はたしかに忙しい科ではありますが、周りの先生が助け合っていこうという雰囲気を出してくださっているので、子供を育てたり自分の時間を持ったりしながら仕事に集中することができると思います。
ストレスを解消する方法としては、やはり家に帰って自宅のことをしている、料理をつくるということも、大変ではありますが、そこでスイッチがオフになるため、ストレスがすっと抜けていくところはあるのかなと思っています。

仕事での喜びや楽しさ

若林:一緒に仕事をした研修医の先生、あるいはセミナーでファシリテータとして参加してくださっていた研修医の先生、学生で周ってきてくれていた方などが呼吸器内科医になって一緒に仕事をするようになったときには、とても嬉しく思います。
その先生がとても私を助けてくれたりすると本当にこの仕事をしていて、みんなで協力していてよかったなとは思います。

今後どのような呼吸器内科医になりたいか

若林:最近の呼吸器内科領域の進歩というのはとても目覚ましいものがありますので、それについていって最善の医療を患者さんに提供するというのはもちろんですけど、私が経験したこと、一つ一つを自分の厚みとして、そして人として深みのある医師として患者さんに向き合っていきたいなというように思っています。

呼吸器内科は様々な領域があり、多様な働き方ができる科だと思っています。
ライフイベントに合わせて、その時々納得した働き方ができるのではないかと思います。
お互いに支えていこうという意識も高い科でありますので、きっと充実した医師生活が送れるのではないかと思います。
一緒に呼吸器内科で働きましょう。

無料体験入会 ぜひご利用ください

  • 学術集会のストリーミングがオンラインでご覧になれます。
  • 学会機関誌(和文・英文)がオンラインでご覧になれます。
  • もちろん、2年間は会費は不要です。
医学生・研修医のみなさまへ。

ページの先頭へ