JRS Channel

Last Update:2019年9月30日New

津端由佳里先生『呼吸器内科を選択したのは私の人生の中でも最大にして最高の選択であったと思っています』

ご協力いただいた先生

津端由佳里先生(島根大学医学部附属病院 呼吸器・化学療法内科)

内容

呼吸器内科医の楽しさ

津端:私は呼吸器内科の中でも肺がんを専門に診療にあたっていますが、非常に肺がんというのは最新の治療が日進月歩で瞬きする間に進むという領域でして、非常にその進歩を体で感じるとともに患者さんにそれを提供して恩恵を受けていただけているのを実感しておりまして非常に今楽しく診療にあたっております。

 

若手医師に呼吸器を教えることの喜び

津端:若い先生方、女性も男性も非常にモチベーションの高い先生が呼吸器の先生は多いかなというふうに感じておりまして、少しレクチャーといいますか、物事をお伝えすると本当にスポンジが水を吸うように皆さん育っていただいておりまして、それを感じることができて、大変若い先生とお仕事することを楽しく感じております。

呼吸器内科と女性医師について

津端:呼吸器内科に限らずやはり女性医師はライフイベントというのがどうしても避けて通れない部分があります。
ですが非常に呼吸器内科という領域自体が多様な疾患を見ている領域ということもありまして色々な働き方、多様性、色々な考えを持った方々を受け入れるというような素地が呼吸器内科にはあるのではないか考えておりまして、女性の医師でもキャリアを継続しながら働きたいというふうに考えてらっしゃる方でも、非常にそういったキャリアの継続ということがしやすい領域ではないかというふうに考えております。

呼吸器内科を選択することで感じたこと

津端:2つあるんですが、一つは私自身が出産してから医師になったということもありまして、あまり妊娠・出産のイベントについて呼吸器内科を選択してどうだったということはないんですけれども、今ひとつ医局長として、若い女性の先生をサポートする仕事をさせていただいておりまして、そういった自分の経験を生かして、若い先生方に意見を聞きながらその方のキャリアアップを一緒に考えてあげられるということで今非常に充実をしておりますしもう一つは、遅くして医者になりましたが、そんな私でもキャリアを積んでいきたい、自分も活躍していきたいなと思っているところを、呼吸器内科の先生方、大変サポートをくださいまして、色々な臨床試験等も自分が中心で実施したりということができておりますのでそういった場面では活躍できているなというふうに感じております。

呼吸器内科、中でも肺がんを専門に診療をしていくということを選択したのは私の人生の中でも最大にして最高の選択であったと思っています。
呼吸器内科自体が非常に多様な疾患を診療する領域ですので多様な考え、多様なキャリアの積み方、色々なお考えが皆さんあると思いますが、色々な方に対応できるキャリアアップのプランがあると思いますので、ぜひ呼吸器内科選択していただきたいと思っております。

無料体験入会 ぜひご利用ください

  • 学術集会のストリーミングがオンラインでご覧になれます。
  • 学会機関誌(和文・英文)がオンラインでご覧になれます。
  • もちろん、2年間は会費は不要です。
医学生・研修医のみなさまへ。

ページの先頭へ