JRS Channel

Last Update:2019年9月30日New

山口 牧子先生『自分の強みとなるような分野をもって、職場や後輩たちに還元できたらいいなと思っています』

ご協力いただいた先生

山口 牧子先生(福井大学 呼吸器内科)

内容

呼吸器内科を選んだ理由

山口:呼吸器内科は肺がんや間質性肺炎など患者さんの人生を大きく左右するような疾患が数多くありその患者さんの人生に深く寄り添って長く診療できるというところに魅力を感じました。
また、心臓と並んで肺という臓器は生命維持において非常に重要な臓器なんですけれども、呼吸をマネジメントできるというところに、大きな強みがあると感じています。

 

プライベートと両立

山口:私は2歳の息子を育てながら大学病院で勤務しています。
大学病院では週に2回の外来と外病院で週に2回外来をして、入院患者さんの管理をしています。
朝から夜までかなり目まぐるしく時間が過ぎていくんですが、毎日充実した日々を送っています。
ストレス解消の方法というか、ホッとするときは一日すごく忙しく過ごしたとしても、子供を保育園に迎えに行って、子供と会ったときには笑顔で迎えてもらえてフッと力が抜けるような、そこが一番の楽しみです。

仕事での喜びや楽しさ

山口:呼吸器内科は入院したときに、死ぬかもしれないという状況の患者さんが少なからずいらっしゃいます。
そういった患者さんが良くなって退院されるときが一番嬉しいです。
最近では、全身転移を伴うような肺がんの患者さんが、免疫療法と化学療法の併用で劇的に良くなって、仕事復帰されたというときはすごく嬉しかったです。

大変だったことや周りの支援について

山口:重症の患者さんや患者さんの急変が相次いだときに、帰る時間も遅くなって、子供の保育園の迎えにもなかなか行けないという日が何日か続いたときがやっぱり辛かったんですけど、そのときに職場の上司の先生方が自分の外来枠を調整して、サポートしてくださったり、入院患者さんの割り振りを検討してくれたりとすごく親身になって考えてくださったときがありがたかったです。

今後どのような呼吸器内科医になりたいか

山口:今現在は呼吸器内科の中で、専門分野を決めてやっているというわけではないですが、今後自分の強みとなるような分野をもって、そこを深めてそれを職場や後輩たちに還元できたらいいなと思ってます。

呼吸器内科はアレルギー疾患、肺がん・膠原病・感染症など扱う疾患は多岐にわたります。
各分野で新しい治療法が次々に開発され興味はつきません。
面白いと思えるものがきっと見つかるはずです。
一人でも多く呼吸器内科を楽しい、面白いと感じてもらえる仲間を増やせたらいいなと思います。

無料体験入会 ぜひご利用ください

  • 学術集会のストリーミングがオンラインでご覧になれます。
  • 学会機関誌(和文・英文)がオンラインでご覧になれます。
  • もちろん、2年間は会費は不要です。
医学生・研修医のみなさまへ。

ページの先頭へ