JRS Channel

Last Update:2016年3月4日

加藤 有加先生『呼吸器科は、患者さんと共にある科です。』

ご協力いただいた先生

加藤 有加先生(岡山大学病院 血液・腫瘍・呼吸器・アレルギー内科)

内容

呼吸器科を選んだ理由は?

加藤:私は呼吸器学の中でも、肺癌診療をメインにしておりまして。この道を選んだのは、研修病院のことがきっかけでした。小細胞肺癌の患者さんが、抗癌剤がよく効いて、元気に退院された時に非常に感動しました。そして、それに対応していた呼吸器科の先生が朝晩診療しており、そして毎日治療を完遂させるために、励ましておられる姿に、患者さんともにある科だなと思って、この科を選びました。

 

呼吸器科の魅力は?

加藤:子育てをしながら診療をしていきたいという方にも対応できるような、幅広い疾患を扱っているというのが呼吸器科ですので、それにフレキシブルに対応できるようなところが、魅力的だなというふうに思っています。

呼吸器科に女性が向いていると思う点は?

加藤:昨今、女性というのは、非常に多様な働き方をするようになってきています。それに呼応するように、呼吸器科というのは、慢性咳嗽から喘息、COPD、肺癌に至るまで、非常にたくさんの疾患を扱っておりますので、その時その時の女性のニーズに合わせた仕事の働き方ができるんではないかなというところが、女性にピッタリだと思います。

今後の抱負は?

加藤:私は肺癌治療をメインにしておりまして、肺癌治療も非常に大きく、昨今進歩してきました。現在は遺伝子解析を含めた治療というのが主流になってきているんですけれども、それでも癌の克服というまでには、まだまだ高い壁があります。その壁を壊すべく、いつも患者さんのことを念頭にもちながら、研究や診療に今後もいそしんでいきたいと思っています。

女性の医学生と初期研修医のみなさまに、メッセージをお願いします。

加藤:患者さんが命の最後に一番苦しむのが、呼吸器の疾患だと思います。その患者さんたちに寄り添うことができるのが、呼吸器科の醍醐味だと思っています。私もまだまだですけれども、一緒に呼吸器学を始めませんか?

無料体験入会 ぜひご利用ください

  • 学術集会のストリーミングがオンラインでご覧になれます。
  • 学会機関誌(和文・英文)がオンラインでご覧になれます。
  • もちろん、2年間は会費は不要です。
医学生・研修医のみなさまへ。

ページの先頭へ