トピックス・お知らせ

関連ページ

Last Update:2020年1月27日

結核診療ガイドライン作成におけるシステマティックレビュー委員募集のお知らせ

 日本結核・非結核性抗酸菌症学会より、結核診療ガイドライン作成におけるシステマティックレビュー委員募集案内がございましたので、下記の通りお知らせいたします。


日本呼吸器学会
会員各位

 日本結核・非結核性抗酸菌症学会では、「結核診療ガイド」を2018年に刊行しました。今回、これを改訂し「結核診療ガイドライン」を作成することになりました。今回の改訂では、国際的にも認められるEvidence-based Medicineの手順に則り作成することとして、公益財団法人日本医療評価機構EBM医療情報部が提案するMindsの手法を採用します。

 今回のガイドライン作成プロセスには、臨床上の問題(クリニカルクエスチョン:CQ)に関するエビデンスをシステマティックレビューによって評価し、推奨を決定していくことが含まれます。そこで、ガイドライン作成委員会では、『システマティックレビュー(SR: Systematic Reviews)』委員の公募を行うことにしました。是非ご応募いただき、よりよいガイドライン作りにご協力をお願いしたいと存じます。

 SRとは、論文検索、論文評価、論文の統合(メタアナリシス含む)作業を意味します。特に必要な資格や職種の制限はありませんが、原則として日本結核病学会、日本呼吸器学会、日本感染症学会、日本化学療法学会、日本臨床微生物学会、日本環境感染学会、日本医学放射線学会のいずれかの会員であることが望ましいと考えています。SRの経験がない方には、SRについてのトレーニングセミナー*を受講していただきますので、経験がない方も歓迎します。(*2020/5/27(水)と6/1(月)のどちらかのSRセミナー(水道橋駅近くの会場(東京))に出席して頂きます。)

 採用後は、原則としてウェブミーティングやメールなどでやり取りしながら、SR作業を担当していただき、必要に応じて各種会議へ出席していただきます。

 ガイドラインが完成した際には、SR担当者としてお名前をガイドラインに入れさせていただきます。担当されたメタ解析・システマティックレビューの結果を論文投稿していただくことも可能です。SRに興味のある方、やる気のある方は、自薦他薦を問わず以下フォームから2020年2月16日迄にご応募ください。多くの先生方のご応募をお待ちしております。

 ご応募いただける方は、①履歴書および②業績を日本結核・非結核性抗酸菌症学会事務局( info@kekkaku.gr.jp )にお送りください。ガイドライン統括・作成委員会での審査の上、任命させていただきます。とくに若手の先生方の積極的なご応募をお待ちしております。


▼SR委員応募フォーム(自薦・他薦用)
受付期間:2020年1月15日~2月16日
https://www.kekkaku.gr.jp/notice_of_committee_recruitment/

 

ページの先頭へ