トピックス・お知らせ

関連ページ

Last Update:2019年5月27日

世界禁煙デーにあたって

 

世界禁煙デーにあたって

 

日本呼吸器学会は、世界禁煙デー(World No Tobacco Day)に賛同し、応援します

 毎年5月31日は、世界保健機構(WHO)が定めた世界禁煙デー(World No Tobacco Day)です。喫煙は、がん、心筋梗塞、脳卒中など多くの疾患との関連が明らかになっており、WHOなどの最近の試算によると、日本でタバコが原因とされる死亡数は、2000(平成12)年には114,200人(男性90,000人、女性24,200人)に達しています。これは20年で約2倍に増加しており、この傾向はさらに続くことが予想されています。1989年にWHOは毎年5月31日を「世界禁煙デー」と定め、喫煙しないことが一般的な社会習慣となることを目指して様々な活動を展開しています。日本呼吸器学会ではタバコの有害性や禁煙の重要性に関する資材の作成や啓発活動などを行ってきました。これからも、毎日がタバコのない日になるよう、そして望むと望まざるとにかかわらず全ての受動喫煙がなくなるよう、努力してまいります。

 

今年のテーマは、「Tobacco and Lung Health (タバコと肺の健康)」です

 今、もっとも身近な大気汚染の原因は、タバコの煙や新型タバコ(加熱式タバコ)のエアロゾルです。2019年の世界禁煙デーのテーマは「タバコと肺の健康」です。以下WHOホームページの要約にあるように、タバコのない社会になれば、たくさんの方が健康で長生きできる社会になります。

 

世界禁煙デー2019キャンペーンで目標とする「気づき」

・タバコ、そして受動喫煙が健康、とくに肺の健康のリスクになること
・慢性呼吸器疾患や肺癌などタバコによってもたらされる肺の病気が世界レベルで生命や健康に深刻な影響を及ぼしていること
・喫煙と結核による死亡との関連性が明らかになっていること
・すべての年齢層で受動喫煙が肺の健康に悪影響を及ぼしていること
・健康寿命を延ばすためには肺の健康が重要であること
・市民や政府に働きかけることでタバコによる肺の健康リスクを減らせること

 

WHOホームページ

https://www.who.int/news-room/events/detail/2019/05/31/default-calendar/world-no-tobacco-day

 

肺は、環境を映す鏡です

 肺は呼吸をするために外界に開かれた臓器です。1日に1万リットル以上の空気を吸い込み、生命の維持に必要な酸素を体内に取り込み二酸化炭素を呼出しています。肺の最深部には5億個をこえる肺胞があり、50~100 m2の広大な表面積を介して毛細血管と接し、酸素の取り込みと二酸化炭素の排出(ガス交換)を行っています。吸入される外気と毛細血管の血液は、わずか0.3 mm ほどの厚さの組織により隔てられているだけです。このように精緻な構造で外界と接する肺は、吸入する空気に有害物質や微粒子が含まれていれば、また、そのような気体を慢性的に吸入し続けていれば、いずれ何らかの健康被害をこうむることは容易に想像できると思います。身近な問題として、工場や自動車からの排気ガスによる大気汚染が健康被害をもたらしたことは、よくご存知と思います。肺は“環境を映す鏡”、とたとえられる由縁です。健康のためには、クリーンな空気を吸いましょう!

あなたの呼吸をタバコに奪われてはいけない。タバコではなく健康を選びましょう!

令和元年5月

日本呼吸器学会 理事長

長谷川好規

ページの先頭へ