Last Update:2018年7月26日

日本人のスパイログラムと動脈血液ガス分圧基準値

≪ステートメント・報告書等へ戻る

日本呼吸器学会肺生理専門委員会報告
日本人のスパイログラムと動脈血液ガス分圧基準値

ダウンロード 販売状況
非売品

日本人のスパイログラムと動脈血液ガス分圧基準値(738k)

日本呼吸器学会肺生理専門委員会

佐々木英忠 東北大学医学
中村 雅夫 珪肺労災病院
木田 厚瑞 東京都老人医療センター
神辺 真之 広島大学医学部
高橋 敬治 金沢医科大学
藤村 政樹 金沢大学医学部
榊原 博樹 藤田保健衛生大学
堀江 孝至 日本大学医学部
西村 正治 北海道大学医学部
高木 健三 名古屋大学医学部
井上 洋西 岩手医科大学
茆原 順一 秋田大学医学部
有田 健一 広島赤十字原爆病院
宮本 顕二 北海道大学医療技術短期大学部
相澤 久道 国立療養所福岡東病院
大井 元晴 大阪回生病院
三嶋 理晃 京都大学医学部
池田 東吾 国立療養所南福岡病院
桑平 一郎 東海大学医学部

参 考

日呼吸会誌, 39(5): S1-S17, 2001
ノモグラムは指数関数を用いて作成されており、それに対して表4の予測式は一次関数を用いて作成されているため、20歳代や高身長の例などでは両者の値が微妙に異なる場合がある。
そのため一次関数より作成した予測式を用い、ノモグラムはあくまで参考値とする。

*2001.12.07 11ページを訂正しました。


 

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ