Last Update:2021年9月8日New

2021年度 日本呼吸器学会研究支援プログラム規約

一般社団法人 日本呼吸器学会
2021年度 日本呼吸器学会研究支援プログラム規約

  1. 名称:日本呼吸器学会研究支援プログラム
  2. 研究対象:
    研究支援プログラムA:気管支喘息の基礎研究
    研究支援プログラムB:気管支喘息の基礎的・臨床的研究
  3. 支援額:
    研究支援プログラムA:1件200万円、3件(総額600万円)
    研究支援プログラムB:1件50万~100万円で、15~30件(総額1,500万円)
    支援金は研究費として応募者の属する各施設に配分するが、支援金なので配分要件として各施設でのオーバーヘッドは0%(なし)とする。ただし必要な場合は10%以下とする。
  4. 支給期間:研究期間1年間の支給とする。
  5. 応募資格:
    1. 申請時において日本呼吸器学会会員(正会員)であること。
    2. 満40歳未満であること。
    3. 役職が教授職以外であること。
    4. 国内外問わず他の公的資金、学会ならび財団から同様の目的で助成金を受けている場合は対象外とする。
    5. 応募は1人1件までとし、採択は1教室につき1件とします。喘息研究支援プログラムAとBの同時応募はできない。
    6. 研究期間終了後、日本呼吸器学会学術講演会で成果発表を行う。研究費の使途明細表を提出すること。
  6. 募集要項は別に示す。
  7. 審査:
     選考は常務理事と、アレルギー・免疫・炎症学術部会員(部会長、副部会長、前部会長)とプログラムAには細胞・分子生物学学術部会員(部会長)、プログラムBには閉塞性肺疾患学術部会員(部会長)で構成する。選考委員の当該施設に所属するものが応募者となった場合には、当該選考委員はその選考の審議に加わらないものとする。

ページの先頭へ