Last Update:2019年10月11日

女性研究者奨励賞募集要項

女性研究者奨励賞主旨

本賞は日本呼吸器学会の女性会員(受賞年の3月末時点で満45歳以下)を対象に、呼吸器病学ならびに学会への功績顕著であられた故別役智子先生の功績に鑑みて、女性研究者の活躍を顕彰する目的で創設されたものです。10年間の期限付き制度になります。

募集人数

毎年2名以内
※日本呼吸器学会の学会賞選考委員による審査により選考し、学術講演会前日の表彰式において、熊谷賞、学会奨励賞と併せて表彰します。

賞金

20万円/1人

応募概要

研究業績分野:呼吸器領域
応募資格:本賞応募者は45歳(受賞年の3月末時点で満45歳以下)までの女性医師で、日本の大学/病院等に所属し、呼吸器分野における研究業績において優れた功績をあげられた方が対象となります。
また、日本呼吸器学会会員であることも条件となります。
過去に本基金の支給を受けた方、また、同時期に熊谷賞、学会奨励賞、リリーオンコロジーフェローシップ、海外留学助成金へ応募した方は本賞には応募はできません。

応募締切日

2019年12月15日消印

提出書類(A4判にて1~5を1セットとし、12セット提出)

  1. 表紙のタイトルは女性研究者奨励賞被推薦者とし、氏名・生年月日・所属・業績の題目を記載。
  2. 業績の題目および要旨。(2,000字以内、提出論文との関連を明確に記載したもの。)呼吸器学会の学術講演会と地方会の発表について明確に記載する。
  3. 推薦者名(連名)ならび推薦理由。(1,000字以内。)
    *推薦者は、本学会の名誉会員、功労会員、監事、代議員とし、1名以上の推薦を要する。
  4. 被推薦者(応募者)の学歴および研究歴。
  5. 業績
    ・当該業績およびそれに関係ある業績の論文について一覧表にまとめ、提出日直近の評価で、1)*Impact Factor(数値)2)*Citation Index(引用数)を各原著論文に付し、3)被推薦者(応募者)がCorresponding Authorである論文には自身の名前に*を付して明示すること。1)の合計と2)の合計数値を併記すること。なお1)*2)*についてはクラリベイト・アナリティクスのWeb of Scienceを使用すること。
    ・一覧表のうち代表的な論文については、別刷を提出すること。[3編以内]

応募書類の送付先

表書きに女性研究者奨励賞応募書類と記し、特定記録郵便や(簡易)書留便等で、下記の学会事務局宛送付。
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階 一般社団法人日本呼吸器学会
TEL:03-5805-3553

ページの先頭へ