COVID-19 FAQ広場

FAQ広場は、新型コロナウイルス感染症に関する情報交換を目的としており、呼吸器学会員をはじめ医療従事者の方々に幅広くご利用いただきたいと思います。

Q36. 変異株に対する治療戦略は従来型と比較して変える必要がありますか?

変異株

回答

ここで言う変異株とは,近畿地方を中心として3月から全国で猛威を振るっているN501Y変異ウイルス(B.1.1.7系統アルファ株:いわゆるイギリス株)を指しているとします.この変異ウイルスは従来型よりも感染力が43-90%高いことが示されていましたが1),さらに感染者の死亡リスクが1.64倍に増加することが報告されました2).一方,致死率は高くないとする報告もあり3),変異ウイルス感染者の死亡リスクが従来型に比して高いかどうかの見解はまだ定まっていません.

薬物治療法に関しては、ステロイドを軸とした抗炎症薬と抗ウイルス薬、抗凝固薬を用いるというモダリティは従来型の治療と変わりはありません。
現在,患者の約85%が変異株に置き換わっていますが4),臨床現場で感じる特徴は,より若年層の患者が増えていることと,なにより病状の進行が速いことです.
このため開始した治療の効果を短期間で繰り返して厳しく評価することが重要です.効果不十分な場合は速やかな治療強化,すなわちステロイド増量やバリシチニブの併用などの判断が求められます.
より早くより強い治療の提供に留意することで,従来型に比して死亡率や挿管率に大きな差はなく,L452R変異ウイルス(B.1.617系統デルタ株:いわゆるインド株)の治療においても同様の印象です.
変異株に対する治療戦略は,より早期の適切なタイミングでの治療導入,病勢や治療反応性に応じた速やかな治療強化ということになります.

  1. Davies NG, et al. Estimated transmissibility and impact of SARS-CoV-2 lineage B.1.1.7 in England. Science. 2021;372(6538):eabg3055.
  2. Challen R, et al. Risk of mortality in patients infected with SARS-CoV-2 variant of concern 202012/1: matched cohort study. BMJ. 2021;372:n579.
  3. Frampton D, et al. Genomic characteristics and clinical effect of the emergent SARS-CoV-2 B.1.1.7 lineage in London, UK: a whole-genome sequencing and hospital-based cohort study. Lancet Infect Dis. 2021:S1473-3099(21)00170-5.
  4. 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策推進本部.資料4①:新型コロナウイルス感染症(変異株)への対応.https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000790395.pdf (accessed 2021-6-17).

(回答日:2021/6/17)

コメントをくださる方は【ご所属、診療科、お名前】のご記入をお願いいたします。
ご所属、診療科、お名前は運営管理の目的にのみに利用し、公開致しません。