COVID-19 FAQ広場

FAQ広場は、新型コロナウイルス感染症に関する情報交換を目的としており、呼吸器学会員をはじめ医療従事者の方々に幅広くご利用いただきたいと思います。

Q62. COVID-19罹患患者における3回目のSARS-CoV-2ワクチン接種についてはどのように考えたらよいでしょうか。またCOVID-19患者が増加する中で、今後のワクチン追加接種の際に抗体検査を行うのは意味があるでしょうか。

ワクチン

回答

現時点では既感染者に対する3回目のブースター接種の意義に関して明確なエビデンスは得られていないようです。しかし、連続ワクチン接種群が既感染者と比較してCOVID-19罹患予防効果が高かったという報告(1)や、既感染者がワクチン接種を行うことで産生される強力な中和抗体(2)の存在からも、基本的には既感染者においても2回目までの接種で大きな有害事象が生じていないならば、3回目を受けていただいて良いかと思います。ご指摘のように、スパイク蛋白の中和抗体価は予防効果の指標として用いやすいものですが、実際の生体防御は細胞性免疫を含めた抗体産生以外の免疫機能が担う面も大きく、抗体価のみで個体の防御機能を表現するのは注意すべきと考えます。また新型コロナウイルス感染後の免疫獲得の程度と持続期間は個人差が大きいため、接種対象者が再感染した時の重症化リスク(併存症や年齢)に応じて考える必要があります。

(1) MMWR 70(44); 1539-1544, 2021
(2) Science 372;1413-1418, 2021

(回答日:2022/2/8)

コメントをくださる方は【ご所属、診療科、お名前】のご記入をお願いいたします。
ご所属、診療科、お名前は運営管理の目的にのみに利用し、公開致しません。