COVID-19 FAQ広場

FAQ広場は、新型コロナウイルス感染症に関する情報交換を目的としており、呼吸器学会員をはじめ医療従事者の方々に幅広くご利用いただきたいと思います。

Q1. 入院時あるいは緊急内視鏡検査や手術時のスクリーニング検査について、SARS-CoV-2のPCR検査と抗原検査のどちらが適しているでしょうか。またこの2つの方法を用いたCOVID-19診断精度はどの程度異なるでしょうか

検査

回答

ご質問いただいたSARS-CoV-2の検出検査として用いられる検査ですが、抗原検査をさらに定量検査と定性検査に分けて以下のように分類されます。

(1) 核酸検出検査(リアルタイムRT-PCR、LAMP法、TMA法など)
(2) 定量抗原検査
(3) 定性抗原検査

このうち、無症状者におけるスクリーニングとして鼻咽頭もしくは唾液を用いた(1) 核酸検出法か、(2) 定量抗原検査が推奨されています1)。一方で、(3) 定性抗原検査は無症状者に対する検査としては推奨されていません。これは、他の検査に比べて定性抗原検査が感度に劣ること、特異度においても偽陽性の問題が指摘されているためです。
診断精度については、検査時点での流行状況などによって同じ検査でも異なってきますが、リアルタイムRT-PCRの検出限界は5コピー/検体と非常に高感度1)である一方で、定性抗原検査は100コピー/検体以下では検出できないことが多いとされています2)
また、内視鏡についてのスクリーニングについては、外来での内視鏡診療前のPCR検査等の実施については、各地の感染状況、検査の供給体制等鑑みて、各御施設で判断すべきとの提言もあります3) 4)。手術については、医療者の曝露の危険性回避だけではなく手術前にCOVID-19感染している場合は重症化するとのデーターもあり、蔓延状況では術前にCOVID-19感染の有無のスクリーニングをする施設方針を確立すべきとの提言があります5)

Expert opinion

内視鏡については医療者の曝露の問題なのでPPEなどでの対応は可能であるが、手術は無症状でも術前にCOVID-19感染していた場合に重症化と関連する可能性があるので、現時点での蔓延状況ではスクリーニングをすべきかと考えます。

1) 新型コロナウイルス感染症 病原体検査の指針 第3.1版
https://www.mhlw.go.jp/content/000747986.pdf

2) SARS-CoV-2 抗原検出用キットの活用に関するガイドライン
https://www.mhlw.go.jp/content/000640554.pdf

3) 消化器内視鏡学会
https://www.jges.net/medical/covid-19-qa#cq46

4) CHEST/AABIPの推奨- Wahidi MM, et al.The Use of Bronchoscopy during the COVID-19 Pandemic: CHEST/AABIP Guideline and Expert Panel Report. CHEST, DOI:
https://doi.org/10.1016/j.chest.2020.04.036

5) 日本外科学会
https://www.jssoc.or.jp/aboutus/coronavirus/info20200522.html

(回答日:2021/3/8)

コメントをくださる方は【ご所属、診療科、お名前】のご記入をお願いいたします。
ご所属、診療科、お名前は運営管理の目的にのみに利用し、公開致しません。