COVID-19 FAQ広場

FAQ広場は、新型コロナウイルス感染症に関する情報交換を目的としており、呼吸器学会員をはじめ医療従事者の方々に幅広くご利用いただきたいと思います。

Q57. オミクロン株の感染者からのウイルスの排出(検出)と感染性ウイルス排出期間について、これまでの流行株と比較して分かっていることがあれば教えてください。

病態

回答

米国からの報告 (n=10324)で,オミクロン株陽性例の方がデルタ株陽性例よりもウイルスRNAのピーク値(オミクロン株:Ct値23.3,95% CI 22.4-24.3,デルタ株:Ct値20.5,95% CI 19.2-21.8)が低く,クリアランス期間(オミクロン株:5.35日,95% CI 4.78-6.00,デルタ株:6.23日,95% CI 5.43-7.17)が短いため,感染期間はオミクロン株は9.87日(95% CI 8.83-10.9),デルタ株は10.9日(95% CI 9.41-12.4)と推定されています(https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2022.01.13.22269257v1.full.pdf).
日本からの報告でも診断から8日目以降の検体ではウイルスは分離されなかったと報告されており,これまでの流行株より短い傾向があります(国立感染症研究所 SARS-CoV-2 B.1.1.529系統(オミクロン株)感染による新型コロナウイルス感染症の積極的疫学調査(第3報) https://www.niid.go.jp/niid/ja/2019-ncov/2484-idsc/10942-covid19-70.html).

(回答日:2022/2/7)

コメントをくださる方は【ご所属、診療科、お名前】のご記入をお願いいたします。
ご所属、診療科、お名前は運営管理の目的にのみに利用し、公開致しません。