一般社団法人日本呼吸器学会
Japanese Respiratory Society Newsletter
  Respiratory Investigation Vol.57 No.1
Respiratory Investigation

Respiratory Investigation Vol.57 Issue.1, January 2019が出版となりました。
目次をお知らせいたします。


日本呼吸器学会会員 各位

Respiratory Investigation
編集委員長 藤田 次郎

 Respiratory Investigation: Volume 57, Issue 1をオンラインジャーナルとしてご覧いただけますので編集委員長の立場で目次を紹介させていただきます。今号はEditorial 1編、Review Articles 3編、およびOriginal Articles 10編で構成されています。前回よりReview Articles、およびOriginal Articlesの数がそれぞれ2編増えています。
 Editorialでは、インフルエンザに対する新薬が開発されたことを踏まえ、インフルエンザウイルスの細胞内増殖のメカニズムへの理解、新薬への期待、および耐性ウイルスの動向が取り上げられています。また今号のReview Articlesでは、分子標的療法全盛時代を迎えた肺癌の診断と治療に関するものが2編掲載されています。まず診断面では、気管支ファイバースコープに関する最近の話題として、超音波、細径気管支ファイバースコープ、およびナビゲーションシステムを用いた検体の採取と解析に関するもの、また治療面では、非小細胞肺癌に対する分子標的療法の耐性化に関するものです。さらに重症喘息に対する病態を考慮に入れた上でのmicroRNAの役割を取り上げ、microRNAを用いた重症喘息に対するオーダーメイド治療の可能性に触れています。Original Articlesでは、肺癌に関する話題、抗酸菌症を含めた感染症に関する話題、画像診断、肺高血圧の気管支ファイバースコープを用いた診断、および気道上皮を用いた基礎的研究など、が掲載されています。Review Articles、およびOriginal Articlesが増えたことで重厚な内容になったと思います。
 さて、本誌に関して、Impact Factor 取得のためクラリベイト・アナリティクス社に申請中であることはすでにお伝えしているところです。現在は、第一段階の審査を突破して、いよいよ将来のScience Citation Index Expanded (SCIE)収載の審査対象とするかどうかを決定する重大な局面に入っています。この決定には本誌のクオリティーが問われるのは言うまでもありませんが、掲載論文が審査期間内にどれだけ引用されるかが大きな決定因子となります。またImpact Factorを上げるためには、Review Articlesの掲載が重要と考えています。そこでReview Articlesを増加させるための方策として、Associate Editorsの先生方に、Review Articlesのご執筆をお願いしました。これらの論文に関し、現在、査読が進んでおり、またすでに採択されたものもあります。またガイドライン、およびステートメントなどを掲載することも企画しています。今後、これらの論文が掲載されることで、より充実した内容になると期待しています。
 本号では前号に引き続いてCase Reportsの掲載はありませんでした。英文誌Respiratory Investigationでは発刊当初から1例報告は避ける方針でスタートしています。ただし1例でも優れた独創性のある論文は掲載していきたいと考えています。
 編集者一同、よりよい英文誌にするために奮闘していますので、今後とも英文誌Respiratory Investigationへご支援のほど、よろしくお願いいたします。

目次

Cover Image Respiratory Investigation Respiratory Investigation
Volume 57, Issue 1, Pages 1-96, January 2019


Editorial Board
Page ii
Available Online 2019-01-14
Editorial
Baloxavir heralds a new era in influenza virus biology
Pages 1-2
Available Online 2018-11-03
Toshiaki Kikuchi, Akira Watanabe
Review Articles
A review of existing and new methods of bronchoscopic diagnosis of lung cancer
Pages 3-8
Available Online 2018-10-22
Naofumi Shinagawa
Role of microRNA in severe asthma
Pages 9-19
Available Online 2018-11-16
Kittipong Maneechotesuwan
Resistance to molecularly targeted therapy in non-small-cell lung cancer
Pages 20-26
Available Online 2018-10-04
Tetsuhiko Asao, Fumiyuki Takahashi, Kazuhisa Takahashi
Original Articles
Pemetrexed and carboplatin combination therapy followed by pemetrexed maintenance in Japanese patients with non-squamous non-small cell lung cancer: A subgroup analysis of elderly patients
Pages 27-33
Available Online 2018-10-04
Naoyuki Nogami, Makoto Nishio, Isamu Okamoto, Sotaro Enatsu, Kazumi Suzukawa, Hiroki Takai, Kazuhiko Nakagawa, Tomohide Tamura
Combination therapy with carboplatin and paclitaxel for small cell lung cancer
Pages 34-39
Available Online 2018-10-24
Atsuto Mouri, Ou Yamaguchi, Sachiko Miyauchi, Ayako Shiono, Harue Utsugi, Fuyumi Nishihara, Yoshitake Murayama, Hiroshi Kagamu, Kunihiko Kobayashi
The clinical features of older patients with lung cancer in comparison with their younger counterparts
Pages 40-48
Available Online 2018-11-15
Hirokazu Ogino, Masaki Hanibuchi, Satoshi Sakaguchi, Yuko Toyoda, Toshifumi Tezuka, Hiroshi Kawano, Soji Kakiuchi, Kenji Otsuka, Atsuro Saijo, Masahiko Azuma, Hiroshi Nokihara, Hisatsugu Goto, Yasuhiko Nishioka
Fully covered self-expandable metallic stents for malignant airway disorders
Pages 49-53
Available Online 2018-10-06
Akane Ishida, Masahide Oki, Hideo Saka
Clinical characteristics and early outcomes of patients newly diagnosed with pulmonary Mycobacterium avium complex disease
Pages 54-59
Available Online 2018-10-24
Eri Hagiwara, Takuma Katano, Kohsuke Isomoto, Ryota Otoshi, Hideaki Yamakawa, Ryo Okuda, Akimasa Sekine, Tomohisa Baba, Shigeru Komatsu, Takashi Ogura
Immunonutritional status and pulmonary cavitation in patients with tuberculosis: A revisit with an assessment of neutrophil/lymphocyte ratio
Pages 60-66
Available Online 2018-10-25
Makoto Nakao, Hideki Muramatsu, Sosuke Arakawa, Yusuke Sakai, Yuto Suzuki, Kohei Fujita, Hidefumi Sato
Traction bronchiectasis on high-resolution computed tomography may predict fatal acute eosinophilic pneumonia
Pages 67-72
Available Online 2018-10-24
Reoto Takei, Machiko Arita, Shogo Kumagai, Yuhei Ito, Takuya Takaiwa, Fumiaki Tokioka, Junya Itakura, Tadashi Ishida
Safety of diagnostic flexible bronchoscopy in patients with echocardiographic evidence of pulmonary hypertension
Pages 73-78
Available Online 2018-10-24
Tsukasa Ishiwata, Mitsuhiro Abe, Hajime Kasai, Jun Ikari, Naoko Kawata, Jiro Terada, Seiichiro Sakao, Yuji Tada, Nobuhiro Tanabe, Koichiro Tatsumi
Clarithromycin suppresses IL-13-induced goblet cell metaplasia via the TMEM16A-dependent pathway in guinea pig airway epithelial cells
Pages 79-88
Available Online 2018-11-02
Kaori Hara, Mitsuko Kondo, Mayoko Tsuji, Kiyoshi Takeyama, Jun Tamaoki
Safety and pharmacokinetics of Alpha-1 MP (Prolastin®-C) in Japanese patients with alpha1-antitrypsin (AAT) deficiency
Pages 89-96
Available Online 2018-11-08
Kuniaki Seyama, Toshihiro Nukiwa, Tadashi Sato, Masaru Suzuki, Satoshi Konno, Kazuhisa Takahashi, Masaharu Nishimura, Kimberly Steinmann, Susan Sorrells, Junliang Chen, Ken-ichi Hayashi

先頭へ戻る

オンラインジャーナルはこちらから

→ http://www.jrs.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=9

オンライン投稿システム:EVISE

新規投稿はこちらから
→ https://www.evise.com/profile/#/RESINV/login

先頭へ戻る

日本呼吸器学会
Respiratory Investigation 編集事務局
代行:エルゼビア・ジャパン株式会社
◎本メールアドレスは配信専用となっております。
◎ご意見、お問い合わせは、info@jrs.or.jpへ。
◎メールマガジン不要の方は、会員専用ページにて変更処理をお願い致します。
発行・編集:一般社団法人 日本呼吸器学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 http://www.jrs.or.jp/
Copyright © 2005 一般社団法人日本呼吸器学会 All rights reserved.
※著作権等、無断での二次転用・転記を固く禁じます。
※このメールマガジンは等幅フォントでご覧いただくことをお薦めします。