Last Update:2018年1月17日

生涯教育講演会(呼吸器セミナー)お申し込み方法

第39回生涯教育講演会(春期)受講のおすすめ

第39回生涯教育講演会は,「パラダイムシフトする呼吸器病学」をテーマに当学会の10学術部会から推薦された講師にご講演いただきます.

呼吸器病学の対象となる疾患群は悪性腫瘍,感染症,アレルギー性疾患,閉塞性肺疾患,びまん性肺疾患,肺循環系疾患等,多岐にわたります.昨今の活発な研究の成果は診断手技,治療法,予防対策へと導入され,臨床応用化が着実に進んでいます.また,基礎分野においてはゲノム研究等の進歩に伴い,これまでの通説を覆す研究成果も報告されています.日進月歩を遂げている呼吸器病学は今,そのパラダイムシフトの時を迎えたといってよいでしょう.

本講演会では,進化する呼吸器病学の最新情報を集中して習得できるようにプログラムが組まれております.是非,受講をしていただければ幸甚です.

第39回生涯教育講演会 会長 高橋 弘毅

  • 受講を希望される方は下記要項をご覧の上,お申し込みください.
  • 春期と秋期は同内容の講習会です.
  • 日本呼吸器学会,呼吸器専門医資格更新のための研修単位10単位が取得出来ます.
  • 春期,秋期2回受講の場合でも取得単位は10単位のみですのでご了承ください.
日時 2018年4月26日(木曜日)9時25分~17時45分(予定)
会場 大阪国際会議場(大阪府大阪市)
定員 150名(事前登録制)※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
受講料 会員 5,000円、非会員 10,000円 (テキスト代込み)
医学生・医師国家試験取得後3年目までの医師 会員、非会員共3,000円(テキスト代込み)

受講申し込み締め切り:2018年4月6日(金)

【申込方法】

  1. 事前の受講登録をお願いいたします
  2. 会員専用ホームページ(会員限定)のイベントメニューまたはE-mail(宛先:seminar@jrs.or.jp)にてお申込みください。メールにてお申込みの際には、会員番号(会員のみ)・氏名・勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号を記入ください。
  3. 医学生・医師国家試験取得後3年目までの医師の方は、申し込みの際に、身分を証明する書類のコピーをメールに添付するか別送して提出してください。(医学生:在学証明書、医師国家試験取得後3年目までの医師:医師免許証など)
  4. 受講料は当日受付にてお支払いください。
    テキストと領収書を当日お渡しいたします。
  5. 受講申込確認後、メールをお送りいたします。キャンセルの際は必ず学会事務局までご連絡ください。

第39回生涯教育講演会

テーマ:「パラダイムシフトする呼吸器病学」

9時25分~9時30分 開会の挨拶

<臨床諸問題学術部会>
肺聴診所見の新しい理解と臨床現場での活用
大阪府済生会吹田病院呼吸器病センター 長 澄人

<形態・機能学術部会>
嚥下と呼吸の協調機構:生理と病態生理
兵庫医科大学生理学講座生体機能部門 越久 仁敬

<アレルギー・免疫・炎症学術部会>
気管支喘息治療の変遷
近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科 佐野 博幸

<閉塞性肺疾患学術部会>
COPDと全身性併存症について
京都大学医学部附属病院リハビリテーション部・呼吸器内科 佐藤 晋

<呼吸管理学術部会>
様々な睡眠呼吸障害の呼吸管理を考える
奈良県立医科大学内科学第2講座  山内 基雄

<びまん性肺疾患学術部会>
変わる特発性間質性肺炎:抗線維化薬がもたらしたもの
神戸市立医療センター西市民病院呼吸器内科 冨岡 洋海

<感染症・結核学術部会>
肺炎診療ガイドラインの変遷
公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院呼吸器内科 石田 直

<細胞・分子生物学学術部会>
肺胞マクロファージを用いた呼吸器疾患治療戦術
自治医科大学呼吸器内科 鈴木 拓児

<腫瘍学術部会>
肺がん薬物療法におけるパラダイムシフト
和歌山県立医科大学呼吸器内科・腫瘍内科 赤松 弘朗

<肺循環・肺損傷学術部会>
ARDSの診療ガイドライン
弘前大学大学院医学研究科呼吸器内科学講座 田坂 定智

<男女共同企画委員会報告>

17時40分~17時45分 閉会の挨拶

  • 各講演、講演30分、質疑応答10分の合計40分間です。
  • 春期、秋期共通のプログラムです。変更の可能性もございますので、ご了承ください。

●生涯教育講演会のお申し込み、お問い合わせは、学会内事務局までお願いいたします。
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554
E-mail: seminar@jrs.or.jp

第39回生涯教育講演会(秋期)開催のご案内

日時 2018年10月13日(土曜日)
会場 札幌プリンスホテル(北海道)

 

ページの先頭へ