トピックス・お知らせ

関連ページ

Last Update:2016年1月7日

専門医制度審議会からのお知らせ

専門医制度規則一部改訂について

平成27年12月11日の専門医制度審議会及び理事会によって、専門医制度規則が一部改訂になりましたので通知いたします。なお、専門医制度に関する規則については、本ページをご覧下さい。

日本呼吸器学会 専門医制度審議会


専門医資格更新に関する規定

目的)

3. 専門医の資格の更新を希望する会員は資格認定の失効する前年の10月末日までに認定更新の手続を行わなければならない.但し,別に定めた者を除く.(附則3)

------------------------------------------------------------------

4. 所定の日限までに更新手続を行えなかった者は専門医資格失効後1年以内に理由を付して日本呼吸器学会専門医制度審議会(以下審議会と記す)に届出を行ない,承認を得た上で失効の次年度に所定の認定更新の申請を行わなければならない.認定更新の猶予期間には専門医の資格を停止する.

------------------------------------------------------------------

5. 病気療養・国外留学など、やむを得ない理由により認定期限前までに予め審議会に届出て、承認を得た者については資格更新の期限を3年間を限度として延長することができる.

------------------------------------------------------------------

6. 病気療養・国外留学など、やむを得ない理由により認定期限前までに予め更新手続をとれなかった者については,3年間を限度として認定更新の期限を延長することができる.その延長期間には専門医の資格を停止する.

------------------------------------------------------------------

11. 専門医の資格更新審査の結果は学会誌またはホームページに公表し,申請者に認定証を交付する.

------------------------------------------------------------------

12. 専門医資格更新の申請を行う者は次の条件を満たさなければならない.

3)資格更新申請時に継続して日本専門医機構が定める基本領域学会の専門医等である者.

------------------------------------------------------------------

17. 研修単位取得の対象と研修単位について:

8)日本呼吸器学会機関誌の掲載論文については筆頭者10単位,連名者(但し上位3名以内)2単位

9)日本呼吸器学会機関誌以外の学術誌に掲載された場合は,査読制度が確立している学術誌に掲載された呼吸器病学関連の論文(総説、抄録、速報などを除く)については,筆頭者のみ欧文誌10単位,和文誌5単位,連名者(但し上位3名以内)1単位.

------------------------------------------------------------------

18. やむを得ない理由なく所定の期間に研修単位50単位を取得できなかった者は審議会に届け出ることにより認定更新の期限を1年間に限り延長できる.延長期間中は専門医の資格を停止する.

------------------------------------------------------------------

附 則

2. この規定の施行に関して,審議会及び理事会によって決定された事項は速やかに本学会誌またはホームページに掲載し,会員に通告する.

_________________________________________________________________________

指導医の認定資格更新に関する規定

(目的)

3. 指導医の資格更新を希望する会員は資格認定の失効する前年の10月末日までに認定更新の手続きを行わなければならない.

------------------------------------------------------------------

6. 指導医の資格更新審査の結果を学会誌またはホームページに公表し,申請者には認定証を交付する.

------------------------------------------------------------------

附 則

2. この規定の施行に関して,審議会及び理事会によって決定された事項は速やかに本学会誌またはホームページに掲載し、会員に通告する.

_________________________________________________________________________

専門医制度における認定施設及び関連施設の認定資格更新に関する規定

(目的)

3. 認定施設、関連施設、特定地域関連施設の資格の更新を希望する施設は資格認定の失効する前年の10月末日までに認定更新の手続きを行わなければならない.

------------------------------------------------------------------

6. 認定施設、関連施設、特定地域関連施設の資格更新審査の結果を学会誌またはホームページに公表し,申請施設には認定証を交付する.

------------------------------------------------------------------

7. 認定施設、関連施設、特定地域関連施設資格更新の申請を行う施設は,認定を受けるための次の条件を維持していなければならない.

特定地域関連施設

1)内科学会認定教育施設(教育病院,教育関連病院)であること.

2)呼吸器系病床として10床以上有すること.

3)関連分野の専門医・指導医が常勤し、良質な呼吸器疾患の診療体制がとられていること.

4)研修カリキュラムに基づく研修が可能であること.

5)認定施設との十分な連携下に定期的指導教育体制がとられていること.

6)院内学習、検討会、CPC等を定期的に開催すること.

7)感染対策に対する院内研修制度を有するか、または院外研修が可能な体制を整えていること.

8)呼吸器疾患関連法規に対する院内研修制度を有するか、または院外研修が可能な体制を整えていること.

8. 認定施設、関連施設、特定地域関連施設として不適当と認められた施設に対しては,審議会及び理事会の議決によって施設の更新を行わない.ただし,更新申請要件を満たさない場合でも,他の施設要件を満たす場合は,新たに申請手続きをすることができるものとする.


 

ページの先頭へ