トピックス・お知らせ

関連ページ

Last Update:2015年5月25日

ICUにおける早期離床とリハビリテーションのご案内

Asia-Pacific Early Mobilization Network Presents
The 1st Annual Conference
ICUにおける早期離床とリハビリテーション

会期 2015年7月20日(月曜日・祝日)10:00〜17:30
会場 昭和女子大学オーロラホール(東京都世田谷区太子堂1-7-57)

対象:医師・看護師・PT・OT・ST(左記以外でも受講可)
参加費: 14,800円 (税込)
※昼食・軽食・同時通訳ヘッドフォン使用料込み

プログラム

Session 1   
早期離床・早期リハビリテーションの基本コンセプト
重症患者における筋・骨格系障害について (Zudin Puthucheary, シンガポール)
【基調講演】
ICUにおける早期リハビリテーション~基本理論・最新エビデンスとその実際~ (Dale Needham, アメリカ合衆国)
 
Session 2
早期介入を成功させるために必要な構成要素とは?
離床・人工呼吸器離脱を実現するための鎮静管理 (Sungwon Na, 韓国)
急性期におけるせん妄予防~長期的問題を見据えて~ (小谷 透, 日本)
多職種をつなぐICU看 護師の役割 (Karin Klas, オーストリア)
 
Session 3
ICUにおける早期離床の具体的戦略
早期離床のプログラム~評価と進め方~ (Suk-Kyug Hong, 韓国)
安全な離床を進めるための臨床判断 (Chi Ryang Chung, 韓国)
離床の補助となる機器の使い方と安全な患者の介助法 (David Mcwilliams, イギリス)
ベッド上で行う自転車エクササイズと電気刺激療法 (Sue Berney, オーストラリア)
            
Session 4
早期離床をどう広げていくか~協力してバリアを打破する解決策~
日本におけるICU早 期リハビリテーションの現状 (神津 怜, 日本)
臨床現場をどう変えていくか?~他職種によるチームアプローチ~ (對東 俊介, 日本)
各国講師によるパネルディスカッション
 
主催:アジアパシフィック離床ネットワーク
 

問合わせ先

アジアパシフィック離床ネットワーク事務局
東京都千代田区九段北1-2-12-2F(日 本離床研究会事務局内)
ホームページ: http://www.asia-mobilization-network.org
Email Address: office@asia-mobilization-network.org
電話:03-3556-5585 Fax:03-6272-9683

ページの先頭へ