JRS Guidelines

Last Update:2016年3月28日

≪学会ガイドラインへ戻る

日本呼吸器学会
「呼吸器感染症に関するガイドライン」
成人気道感染症診療の基本的考え方
The Japanese Respiratory Society guidelines for the management of respiratory tract infection

成人気道感染症診療の基本的考え方

 
ダウンロード 販売状況
学会直販

目 次

第I章 はじめに(223k)
第II章 気道感染症の概念と分類(247k)
第III章 気道感染症の病態生理(321k)
第IV章 気道感染症の原因菌とその検出法(1676k)
第V章 急性上気道炎、いわゆる“かぜ症候群”の治療方針(2527k)
第VI章 急性気管・気管支炎の治療方針(637k)
第VII章 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の急性増悪と慢性持続感染(662k)
第VIII章 気管支拡張症の慢性持続感染と急性増悪の管理(623k)
第IX章 びまん性汎細気管支炎の急性増悪と慢性持続感染(1421k)
第X章 陳旧性肺結核などにおける慢性気道病変の急性増悪(296k)
第XI章 慢性下気道感染症における抗菌薬の選択(807k)

作成委員

委員長

松島 敏春 川崎医科大学呼吸器内科

委 員

青木 信樹 信楽園病院内科
河野  茂 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
      感染分子病態学講座(第二内科)
後藤  元 杏林大学医学部第一内科
斎藤  厚 琉球大学大学院医学研究科感染制御医科学専攻感染病態制御学講座分子形態感染症学分野(第一内科)
鈴木 幹三 名古屋市港保健所
関沢 清久 筑波大学医学専門学群内科学(呼吸器)
相馬 一亥 北里大学医学部救命救急医学
中田紘一郎 東邦大学医学部呼吸器内科
永武  毅 長崎大学熱帯医学研究所感染症予防治療
三笠 桂一 奈良県立医科大学第二内科
山口 惠三 東邦大学医学部微生物学講座
渡辺  彰 東北大学加齢医学研究所
      呼吸器腫瘍研究分野

協力者

宮下 修行 川崎医科大学呼吸器内科

編 集

日本呼吸器学会呼吸器感染症に関するガイドライン作成委員会

発 行

日本呼吸器学会(代表)福地義之助

 


 

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

ページの先頭へ