一般社団法人日本呼吸器学会
Japanese Respiratory Society Newsletter
  Respiratory Investigation Vol.55 No.3
Respiratory Investigation

Respiratory Investigation Vol.55 Issue.3, May 2017が出版となりました。
目次をお知らせいたします。


日本呼吸器学会会員 各位

Editor-in-Chief
Respiratory Investigation
西村 正治

Respiratory Investigation: Volume 55, Issue 3, をオンラインジャーナルとしてご覧いただけますので目次をご紹介します。今回はJRSから発行されている「生物学的製剤と呼吸器疾患:診療の手引き」の英訳短縮版“Consensus statements for medical practice: Biological agents and lung disease”が掲載されています。また、Editorialではこれまでのご自身の専門関心領域のテーマに関するPerspectiveを纏めたものとは異なり、今月号に掲載された論文に関連して素晴らしい見解がまとめられています。ほかにも本邦発ならではの価値ある原著論文が満載です。

さて、現在本誌はImpact Factor取得のためトムソン・ロイター社に申請中です。昨年6月頃から向後2年間にわたり観察期間に入ったらしいと聞いております。その間、雑誌自体のクオリティーや掲載された論文の引用度合い等々が調査される模様です。会員の皆様におかれましては、英語論文の投稿先として是非とも本誌をお加えいただくとともに、掲載論文をできるだけ多く他誌への投稿の際にも引用していただきますようお願い申し上げます。

なお、前回も述べましたようにImpact Factor取得が本誌の将来を見据えた第一の目標・課題であるとの認識から、編集委員会の方針により、Case Reportの掲載につきましては従来以上に厳しい基準で採択決定をさせていただいております。もちろん、1例報告であっても重要な科学的発見や臨床の実践に重大な影響を及ぼすと思われる内容を含んでいる場合に掲載される可能性があることは言うまでもありません。

今後ともさらに充実した内容の雑誌を発刊してまいります。英文誌Respiratory Investigationへご支援のほど、よろしくお願い致します。

目次

Volume 55, Issue 3, Pages 189-252, May 2017 Respiratory Investigation
Volume 55, Issue 3, Pages 189-252, May 2017


  Editorial
Lung sounds research expands the horizon on chest auscultation   
Page 189
Makoto Yonemaru
  Review Article
How to approach the acute respiratory distress syndrome: Prevention, plan, and prudence    Review Article
Pages 190-195
Younsuck Koh
  Original Articles
  Immunologic Pulmonary Disease
Appendectomy, tonsillectomy, and risk for sarcoidosis – A hospital-based case-control study in Japan    Original Research Article
Pages 196-202
Michiru Sawahata, Yosikazu Nakamura, Yukihiko Sugiyama
  Aspiration Pneumonia
Percutaneous endoscopic gastrostomy for aspiration pneumonia: A 10-year single-center experience    Original Research Article
Pages 203-211
Hiromi Tomioka, Shyuji Yamashita, Nobuaki Mamesaya, Masahiro Kaneko
  Lung Cancer and Pneumonia
Post-bronchoscopy pneumonia in patients suffering from lung cancer: Development and validation of a risk prediction score    Original Research Article
Pages 212-218
Hiroto Takiguchi, Naoki Hayama, Tsuyoshi Oguma, Kazuki Harada, Masako Sato, Yukihiro Horio, Jun Tanaka, Hiromi Tomomatsu, Katsuyoshi Tomomatsu, Takahisa Takihara, Kyoko Niimi, Tomoki Nakagawa, Ryota Masuda, Takuya Aoki, Tetsuya Urano, Masayuki Iwazaki, Koichiro Asano
  Bronchial Reversiblity in Infants
A clinical method for detecting bronchial reversibility using a breath sound spectrum analysis in infants    Original Research Article
Pages 219-228
Mayumi Enseki, Mariko Nukaga, Hideyuki Tabata, Kota Hirai, Shinichi Matsuda, Hiroyuki Mochizuki
  Consensus Statement from JRS
Consensus statements for medical practice: Biological agents and lung disease [Abridged English translation by the Japanese Respiratory Society]    Review Article
Pages 229-251
Hitoshi Tokuda, Masayoshi Harigai, Hideto Kameda, Kazunori Tomono, Noboru Takayanagi, Akira Watanabe, Sadatomo Tasaka, Takafumi Suda, Kazuhiro Tateda, Junichi Kadota
  Corrigendum
Corrigendum to “A retrospective cohort study of outcome in systemic sclerosis-associated interstitial lung disease” [Respir. Investig. 54 (2016) 445–453]   
Page 252
Masaki Okamoto,

先頭へ戻る

オンラインジャーナル、投稿は下記URLよりお願いいたします。

→ http://www.jrs.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=9

先頭へ戻る

日本呼吸器学会
Respiratory Investigation 編集事務局
代行:エルゼビア・ジャパン株式会社
◎本メールアドレスは配信専用となっております。
◎ご意見、お問い合わせは、info@jrs.or.jpへ。
◎メールマガジン不要の方は、会員専用ページにて変更処理をお願い致します。
発行・編集:一般社団法人 日本呼吸器学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 http://www.jrs.or.jp/
Copyright © 2005 一般社団法人日本呼吸器学会 All rights reserved.
※著作権等、無断での二次転用・転記を固く禁じます。
※このメールマガジンは等幅フォントでご覧いただくことをお薦めします。