トピックス・お知らせ

関連ページ

Last Update:2012年1月13日

日本呼吸器学会英文誌刊行のお知らせ(英刊-1)

2012年1月11日
会員各位
社団法人日本呼吸器学会
理事長 永井厚志
英文誌発刊準備委員会委員長 貫和敏博
雑誌編集委員会委員長 河野修興

日本呼吸器学会英文誌刊行のお知らせ(英刊-1修正)

 拝啓 会員の皆様におかれましては益々ご清栄の事とお喜び申し上げます。
 さて、本学会ではこれまで「日本呼吸器学会雑誌」を機関誌として和文誌での刊行を続けてまいりました。このため英文論文の投稿は他学会の雑誌を選ばざるを得ず、学会員の皆様にはご不便をおかけしており、独自の英文誌出版への大きな要望をいただいておりました。そこで、今般、学会員の研究成果を取り込み、呼吸器病学の国際的な学術誌として広く世界に発信し、かつMedline登録の継続性を維持すべく、本誌を英文誌に切替え、新たに「Respiratory Investigation」として刊行していくことに致しました。
 その一方で、和文論文や症例報告を掲載する和文誌の必要性は依然として高く、和文誌の刊行を継続するため、誌名変更を行い、新たに「日本呼吸器学会誌」を創刊いたします。従いまして、日本呼吸器学会では、2012年より英文・和文に分けて2誌の機関誌を発行することになりましたので、お知らせいたします。

英文誌名「Respiratory Investigation」  当面季刊(年4回)発行
和文誌名「日本呼吸器学会誌」 隔月(年6回)発行ならびに学術講演会抄録号を予定
(2012年1~3月は従来通り月刊、4月より隔月刊)

 なお、これまで通り一般会員(雑誌送付を要する会員)の皆様には和文誌「日本呼吸器学会誌」の送付は継続します。一方、英文誌「Respiratory Investigation」は、Science Direct®を通してオンラインで論文閲覧が無料で利用できますが、オンライン閲覧方法については後日お知らせします。また、英文誌「Respiratory Investigation」の冊子をご希望の場合は、別途有料で購読可能となりますのであらかじめご了承ください。
 これからも学会機関誌の更なる発展に向け、会員の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

敬 具

※英文誌刊行に向けての経過措置について
 英文誌「Respiratory Investigation」は従来の和文誌を引き継いで発行されるため、巻数はVol. 50、No. 1から開始します。また、新和文誌「日本呼吸器学会誌」は新創刊となることから、2012年1月からVol. 1、No. 1として出版いたします。Medlineへの登録はいたしませんが、引続きオンラインでの論文閲覧は可能です。なお、誌名変更となる新和文誌への投稿により会員各位の学術上の業績への影響がないよう関係団体への依頼を行いますが、論文の掲載について、下記の経過措置を実施いたしますので、投稿に際してご注意ください。
【経過措置】
(和文論文掲載)
 旧和文誌名「日本呼吸器学会雑誌」での発行は2011年最終号(49巻12号)をもって英文誌へと切り替わります。既に投稿いただき編集委員会で受理済の論文のうち採用通知をお送りしていないもの、または今後受理する予定のものその他査読中もしくは採択待ちの論文は、全て新和文誌「日本呼吸器学会誌」への掲載となりますのでご承知おきください。なお、これに伴い新和文誌への掲載をご希望されない場合または投稿を取下げする場合には、学会事務局宛てご連絡をお願いします。
(英文論文投稿)
 「Respiratory Investigation」への投稿は、昨年12月より開始いたしました。また、1月11日より投稿査読システムも稼働いたしました。詳細は、会告(英刊-3)ならびにホームページでご案内しております。

以 上

(本件照会先:日本呼吸器学会/事務局 TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 E-mail:info@jrs.or.jp

ページの先頭へ