トピックス・お知らせ

関連ページ

Last Update:2009年5月29日

第49回日本呼吸器学会学術講演会 新型インフルエンザ(H1N1)流行への対応について

平成21年5月29日

第49回日本呼吸器学会学術講演会
新型インフルエンザ(H1N1)流行への対応について

社団法人日本呼吸器学会
会員 各位

来月6月12日(金)~14日(日)の3日間、第49回日本呼吸器学会学術講演会を東京国際フォーラムにおいて開催の予定となっております。
学術講演会は、本会の会員が一同に介して研究成果を発表し、最新知見が集積される何よりも重要な機会でございます。そのため国内での新型インフルエンザ(H1N1)の発生・蔓延の事態下ではございますが、現状では中止の予定は無く、以下のような対策を施すことと致しましたので、ご協力の程お願い申しあげます。

参加にあたっての注意点
【会期前】
・ 感染予防として手洗い、うがいの励行をお願いします。
・ 体調に疑問がある場合は、参加を自粛して下さい。
【会期中】
・ マスクの着用については各自ご準備下さい。
・ 会場内に消毒液を準備します。感染予防として手洗い、うがいに加えてご使用下さい。
・ 体調管理に留意し、発熱、咳などの症状が現れた場合は、運営事務局に一報の上、東京都内の発熱相談センターにご相談下さい。
【会期後】
・ 終了後7日間は健康状態をチェックし、症状が現れた場合は所属機関および発熱センターにご相談をお願いします。

*なお、政府・自治体から集会自粛要請の指示が出された場合は中止と致します。
正確で速やかな情報収集を各個人でも行ってください。

国立感染症研究所 感染症情報センターhttp://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/index.html
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/index.html

今後、事前に中止や延期が決定した場合、その他新しい情報がございましたら、ホームページ、メール配信にて告知いたします。何卒宜しくお願いいたします。

社団法人日本呼吸器学会
理事長  貫和 敏博

第49回日本呼吸器学会学術講演会
会長  永井 厚志

 

ページの先頭へ