一般社団法人日本呼吸器学会
Japanese Respiratory Society Newsletter
  Respiratory Investigation Vol.57 No.2
Respiratory Investigation

Respiratory Investigation Vol.57 Issue.2, March 2019が出版となりました。
目次をお知らせいたします。


日本呼吸器学会会員 各位

Respiratory Investigation
編集委員長 藤田 次郎

 Respiratory Investigation: Volume 57, Issue 2をオンラインジャーナルとしてご覧いただけますので編集委員長の立場で目次を紹介させていただきます。今号はReview Articles2編、Rapid Communications1編、およびOriginal Articles 9編で構成されています。
 編集委員会では、Reviewsを増加させる工夫を実施しています。その一環として、今号は、昨年の学術講演会で講演された外国人医師のInvited Reviews2編を掲載しています。その内容として、まずSirois先生による「気管支喘息の病態生理におけるロイコトリエンの役割」においては、ロイコトリエンの薬理作用を示すとともに、ロイコトリエンの気管支収縮作用をブロックする治療戦略が示されています。またSears先生による「COPDと肺癌のoverlap症例におけるDNA修復」においては、COPD、および肺癌の共通の病因となる喫煙によるDNA傷害と、それを修復する蛋白質による肺癌発生の予防、および治療の可能性が示されています。
 Rapid Communicationsとしては、慢性咳嗽、および気道過敏性亢進例における血清中のperiostinのマーカーとしての意義を紹介しています。
 Original Articlesでは、喫煙者の喘息治療、COPD患者の身体活動、気腫合併特発性肺線維に合併した肺癌の画像所見、Cryobiopsy、非結核性抗酸菌症に合併する肺癌の特徴、長期間pirfenidoneを投与されている特発性肺線維症症例に対する肺移植、関節リウマチに合併する肺病変の画像パターン、肺静脈閉塞症に対する血管拡張薬、肺炎後の活動性の回復と筋肉量との関連、などが掲載されています。Review Articles、およびOriginal Articlesが増えたことで重厚な内容になったと思います。次号に持ち越したOriginal Articlesも多数あり、投稿数が増えるとともに、論文の質も上がっていると感じています。
 さて、本誌に関して、Impact Factor取得のためクラリベイト・アナリティクス社に申請中であることはすでにお伝えしているところです。現在は、第一段階の審査を突破して、いよいよ将来のScience Citation Index Expanded (SCIE)収載の審査対象とするかどうかを決定する重大な局面に入っています。このため本誌の掲載論文が審査期間内にどれだけ引用されるかが大きな決定因子となります。またImpact Factorを上げるためには、Review Articlesの掲載が重要と考えています。そこでReview Articlesを増加させるための更なる方策として、Associate Editorsの先生方に、Review Articlesのご執筆をお願いしました。これらの論文に関し、現在、査読が進んでおり、またすでに採択されたものもあります。またガイドライン、およびステートメントなどを掲載することも企画しています。今後、これらの論文が掲載されることで、より充実した内容になると期待しています。
 本号では前号に引き続いてCase Reportsの掲載はありませんでした。英文誌Respiratory Investigationでは発刊当初から1例報告は避ける方針でスタートしています。ただし1例でも優れた独創性のある論文は掲載していきたいと考えています。ただ編集委員長として感じるのは、なかなか該当するCase Reportsの投稿が少ないことです。
 編集者一同、よりよい英文誌にするために奮闘していますので、今後とも英文誌Respiratory Investigationへご支援のほど、よろしくお願いいたします。

目次

Cover Image Respiratory Investigation Respiratory Investigation
Volume 57, Issue 2, Pages 97-198, March 2019


Editorial Board
Page ii
Available Online 2019-03-06
Reviews
Leukotrienes: One step in our understanding of asthma
Pages 97-110
Available Online 2018-12-30
Pierre Sirois
DNA repair as an emerging target for COPD-lung cancer overlap
Pages 111-121
Available Online 2019-01-07
Catherine R. Sears
Rapid Communication
Elevated serum periostin level in patients with chronic cough and airway hyperresponsiveness
Pages 122-125
Available Online 2018-12-12
Yuta Kono, Masako To, Ryuta Tsuzuki, Kosuke Haruki, Yasuo To
Original Articles
Treatment of asthma in smokers: A questionnaire survey in Japanese clinical practice
Pages 126-132
Available Online 2018-12-11
Hiroaki Saito, Kimitake Tsuchiya, Sahoko Chiba, Tomoyuki Ogata, Reina Imase, Tamon Yagi, Yuka Mishima, Torahiko Jinta, Kazuhito Saito, Reiko Taki, Susumu Isogai, Yasuto Jin, Tsutomu Kawasaki, Ichiro Natsume, Yoshihiro Miyashita, Jun Takagiwa, Nobuo Ishiwata, Tomoshige Chiaki, Masato Kishi, Yoshikazu Tsukada
Combination of assist use of short-acting beta-2 agonists inhalation and guidance based on patient-specific restrictions in daily behavior: Impact on physical activity of Japanese patients with chronic obstructive pulmonary disease
Pages 133-139
Available Online 2019-01-03
Tsunahiko Hirano, Kazuto Matsunaga, Kazuki Hamada, Sho Uehara, Ryo Suetake, Yoshikazu Yamaji, Keiji Oishi, Maki Asami, Nobutaka Edakuni, Hiromasa Ogawa, Masakazu Ichinose
Reduced area of the normal lung on high-resolution computed tomography predicts poor survival in patients with lung cancer and combined pulmonary fibrosis and emphysema
Pages 140-149
Available Online 2018-11-22
Atsushi Miyamoto, Atsuko Kurosaki, Shuhei Moriguchi, Yui Takahashi, Kazumasa Ogawa, Kyoko Murase, Shigeo Hanada, Hironori Uruga, Hisashi Takaya, Nasa Morokawa, Takeshi Fujii, Junichi Hoshino, Kazuma Kishi
Cryobiopsy with endobronchial ultrasonography using a guide sheath for peripheral pulmonary lesions and DNA analysis by next generation sequencing and rapid on-site evaluation
Pages 150-156
Available Online 2018-11-22
Ken Arimura, Etsuko Tagaya, Hiroyuki Akagawa, Yoji Nagashima, Satoru Shimizu, Yoshihide Atsumi, Akitoshi Sato, Masato Kanzaki, Mitsuko Kondo, Kiyoshi Takeyama, Pierre P. Massion, Jun Tamaoki
Development of lung cancer in patients with nontuberculous mycobacterial lung disease
Pages 157-164
Available Online 2018-12-28
Tatsuya Kusumoto, Takanori Asakura, Shoji Suzuki, Satoshi Okamori, Ho Namkoong, Hiroshi Fujiwara, Kazuma Yagi, Hirofumi Kamata, Makoto Ishii, Tomoko Betsuyaku, Naoki Hasegawa
Lung transplant candidates with idiopathic pulmonary fibrosis and long-term pirfenidone therapy: Treatment feasibility influences waitlist survival
Pages 165-171
Available Online 2018-12-30
Shin Tanaka, Kentaroh Miyoshi, Hisao Higo, Takeshi Kurosaki, Shinji Otani, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Katsuyuki Kiura, Shinichi Toyooka, Takahiro Oto
Radiological patterns of pulmonary involvement may predict treatment response in rheumatoid arthritis: A retrospective study
Pages 172-182
Available Online 2019-02-01
Tetsuya Hanaka, Takashi Kido, Hiroshi Ishimoto, Keishi Oda, Shingo Noguchi, Aya Nawata, Shingo Nakayamada, Noriho Sakamoto, Yoshiya Tanaka, Kazuhiro Yatera, Hiroshi Mukae
Use of vasodilators for the treatment of pulmonary veno-occlusive disease and pulmonary capillary hemangiomatosis: A systematic review
Pages 183-190
Available Online 2018-11-23
Aiko Ogawa, Seiichiro Sakao, Nobuhiro Tanabe, Hiromi Matsubara, Koichiro Tatsumi
Smaller erector spinae muscle size is associated with inability to recover activities of daily living after pneumonia treatment
Pages 191-197
Available Online 2018-12-11
Yukihiro Minegishi, Sumito Inoue, Kento Sato, Koya Abe, Hiroaki Murano, Kodai Furuyama, Sujeong Yang, Hiroyoshi Machida, Hiroshi Nakano, Masamichi Sato, Takako Nemoto, Chisa Sato, Michiko Nishiwaki, Tomomi Kimura, Keiko Yamauchi, Akira Igarashi, Yoshikane Tokairin, Yoko Shibata, Masafumi Watanabe
Appreciation to Reviewers
Pages I-II
Available Online 2019-03-06

先頭へ戻る

オンラインジャーナルはこちらから

→ http://www.jrs.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=9

オンライン投稿システム:EVISE

新規投稿はこちらから
→ https://www.evise.com/profile/#/RESINV/login

先頭へ戻る

日本呼吸器学会
Respiratory Investigation 編集事務局
代行:エルゼビア・ジャパン株式会社
◎本メールアドレスは配信専用となっております。
◎ご意見、お問い合わせは、info@jrs.or.jpへ。
◎メールマガジン不要の方は、会員専用ページにて変更処理をお願い致します。
発行・編集:一般社団法人 日本呼吸器学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番8号 日内会館7階
TEL:03-5805-3553 FAX:03-5805-3554 http://www.jrs.or.jp/
Copyright © 2005 一般社団法人日本呼吸器学会 All rights reserved.
※著作権等、無断での二次転用・転記を固く禁じます。
※このメールマガジンは等幅フォントでご覧いただくことをお薦めします。