Last Update:2016年7月5日

専門医資格更新に係る研修単位認定

 日本呼吸器学会専門医制度審議会では、資格更新に際してポイントを付与する研究会等についての定義を以下のように定めました。認定されたものについては1回の参加に際して2単位が付与されます。ただし、年間複数回開催のものについては年間4単位を上限とします。
 なお、承認期間については、原則として1年間有効とします。継続的な認定を希望する場合は、年度毎に再申請をしてください。
 再申請の締め切りは12月末とし、翌4月から1年間有効とします。

申請条件

  1. 午前・午後に渡って開催されるもの。1日6時間以上(2日間にわたってもよい)。
  2. 原則として呼吸器学会地方会支部の共催であること(全国単位のものはその限りではない)。
  3. 自由参加が認められていること。
  4. 会則または学会・団体における規約等が整備されていること。
  5. 最低年1回の定期開催であること。
  6. 呼吸器関連のテーマが中心であるか、一定以上含まれていること。
  7. 抄録集または記録集が発行されていること。
  8. 日本呼吸器学会会員による申請であること。

必要書類等

  1. 申請書(別紙様式)
  2. 添付資料
    ・プログラム
    ・会則・規約等
    ・過去の開催実績など
    ・その他

注意事項

  1. 専門医資格更新に係る研修単位認定が承認された場合、専門医制度審議会から申請代表者宛に通知書を送付します。
  2. 専門医資格更新に係る研修単位認定が承認された場合、専門医認定・資格更新のウェブサイトに、当該研究会等を提示します。
  3. 研究会等では、出席者に対して根拠試料となるもの(出席証明書・受講証等)を発行してください。
  4. 参加は2単位とします。発表、講演に対しては単位を付与しません。
研修単位取得対象申請書(15k)

ページの先頭へ