トピックス・お知らせ

関連ページ

Last Update:2011年7月6日

東日本大震災の被災地の皆様へ―エコノミークラス症候群に注意を―

 エコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症)に注意してください。

 エコノミークラス症候群とは、急性肺血栓塞栓症のことです。飛行機のエコノミークラスの座席のような狭い場所に同じ姿勢で長時間座っていると下肢の血液の流れが悪くなり、静脈内に血液の塊(血栓)が出来てしまうことがあります。この血栓が、歩行開始のきっかけに、足の血管から飛んで血液の流れに乗って肺に到達すると、肺の動脈につまってしまいます。血管を閉塞し肺でガス交換ができなくなり、呼吸困難や胸痛、ショックなどを引き起こし、突然死する場合もあります。災害時に自動車の座席などで宿泊する場合にも、起こしやすいので注意が必要です。車内などの狭い場所で長時間座ったまま寝るのは避けてください。避難所などでも定期的に歩いたり、下肢の屈伸を行うなど運動をして下さい。脱水があると血栓ができやすくなるので十分に水分を取って下さい。詳しくは国立循環器病研究センターのホームページ(重要なお知らせ)をご覧ください。
 国立循環器病研究センターのホームページは下記です。
 http://www.ncvc.go.jp/index.html

日本呼吸器学会 肺循環・肺損傷学術部会
部会長 石井 芳樹

ページの先頭へ