Last Update:2017年10月30日

日本呼吸器学会員以外の会員(協力学会)からの症例の参照及び登録について

主旨

インフルエンザ(重症例)及び肺非結核性抗酸菌症のインターネット上での症例の収集及び集計値の公開を開始して約3年が経過致しました。このほど、インフルエンザ(重症例)及び肺非結核性抗酸菌症のエビデンス収集・公開の重要性に鑑みて、協力学会様との連携を行い、さらなる症例の蓄積を実現し、疾患傾向の把握に努めて行きたいと考えております。

なお、本システムで取り扱うインフルエンザ症例は、医療機関でインフルエンザと診断され、肺炎もしくは入院となった患者症例となっております。

協力学会様からの症例登録及び参照について

(1)症例の登録方法

専用の登録用紙での登録となります。以下のサイトより用紙をダウンロードして、日本呼吸器学会事務局宛にお送り下さい。(送付先は下記ページに記載しております)

http://www.jrs.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=84

(2)公開情報の参照方法

下記、サーベイのインデックスページへ入って頂き、インフルエンザ又は肺非結核性抗酸菌症を選択して各々のサイトへアクセスして下さい。

http://www.jrs.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=79

各サイトへ入りましたら右下にある「症例の登録」からログインIDとパスワードを入力しログインボタンをクリックして頂くことで、左にあります「リアルタイム解析結果」と「リアルタイム集計表」をご覧頂けます。(「リアルタイム解析結果」はログインしなくても参照可能です)

なお、協力学会様には共通のログインIDとパスワードがありますので、所属の学会または日本呼吸器学会事務局へご確認頂けますようお願い致します。

一般社団法人日本呼吸器学会
インフルエンザ・インターネット・サーベイワーキング委員会

ページの先頭へ