JRS Guidelines

Last Update:2007年12月4日

≪学会ガイドラインへ戻る

呼吸機能検査ガイドラインII
―血液ガス、パルスオキシメータ―

呼吸機能検査ガイドラインII―血液ガス、パルスオキシメータ―

ダウンロード 販売状況
不可 書店販売

目次


第1章 血液ガスとパルスオキシメータの基礎
(1)測定原理
 1 パルスオキシメータ
  1. パルスオキシメータ
 2 動脈血ガス
  1. 動脈血ガスの測定法の種類
  2. 電気分析法(電極法)について
  3. 携帯型分析装置の動脈血ガス分析法について
  4. 経皮的血液ガス測定法について
  5. 血液ガス分析装置の精度保障の現状と注意点
(2)用語
 1. 第1章 血液ガスとパルスオキシメータの基礎
 2. 第2章 血液ガス
 3. 第3章 パルスオキシメータ
 4. 第4章 臨床評価
第2章 血液ガス
(1)採取方法
 1. 採血器具
 2. 採血
 3. 測定
 4. 試料の保存
(2)機器の精度管理とメンテナンス
 1. 精度管理
 2. メンテナンス
(3)結果の解釈と酸塩基調節の評価
 1. 動脈血ガスの基準値
 2. 酸素化能の評価
 3. 血液ガス異常の基本病型
 4. 酸塩基平衡異常の基本病型と診断の組み立て
第3章 パルスオキシメータ
(1)測定法
 1. 機器、プローブの種類と選択
 2. 測定手順
 3. 測定時の注意事項
(2)機器の精度管理とメンテナンス
 1. 点検と清掃
 2. 精度管理
(3)結果の解釈
 1. 酸素飽和度(SO2)と酸素分圧(PO2)の関係
 2. 酸素飽和度の三つの測定法と精度
 3. パルスオキシメータの利用目的と結果の解釈
第4章 臨床評価
(1)パルスオキシメータ
 1. 正常値
 2. 留意点
 3. 測定値に影響する因子
(2)動脈血ガス
 1. 血液ガスの異常
 2. アシドーシスとアルカローシス

作成委員

日本呼吸器学会肺生理専門委員会
「呼吸機能検査ガイドラインII」作成委員会(五十音順)

委員長

相澤 久道(久留米大学医学部内科学講座)

委員

阿部  直(北里大学医学部医学教育研究部門)
安藤 守秀(大垣市民病院呼吸器科)
一ノ瀬正和(和歌山県立医科大学医学部内科学第三講座)
井上 博雅(九州大学大学院医学研究院胸部疾患研究施設)
植木  純(順天堂大学医療看護学部専門基礎内科学)
川山 智隆(久留米大学医学部内科学講座)
神辺 眞之(広島大学大学院医歯薬学総合研究科病態臨床検査医学)
黒澤  一(東北大学保健管理センター)
古藤  洋(公立学校共済組合 九州中央病院呼吸器内科)
榊原 博樹(藤田保健衛生大学呼吸器内科・アレルギー科)
塩谷 隆信(秋田大学医学部保健学科理学療法学)
陳  和夫(京都大学医学部附属病院理学療法部)
東條 尚子(東京医科歯科大学医学部附属病院検査部)
栂  博久(金沢医科大学呼吸機能治療学(呼吸器内科学))
南須原康行(北海道大学病院第一内科)
藤本 圭作(信州大学医学部内科学第一)
宮本 顕二(北海道大学医学部保健学科臨床理学療法学講座)

協力者

川本  仁(広島大学健康管理センター)
久保田 勝(北里大学医学部呼吸器内科)
福永 壽晴(金沢医科大学病態診断医学(臨床病理学))

発行

株式会社メディカルレビュー社
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 イトーピア湯島ビル
TEL:03-3835-3041(代) FAX:03-3835-3040

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町1-7-3 吉田ビル
TEL:06-6223-1468(代) FAX:06-6223-1245

お求めは書店にてお願い致します。(※学会事務局では販売致しておりません。)
ISBN4-7792-0004-0
定価:2,500円(税別)

ページの先頭へ