Last Update:2017年7月4日

呼吸器Q&A一覧へ戻る

呼吸器Q&A

Q9

肺の手術後、胸痛が続くのですが?

印刷版

痛みの原因はなんですか?

 肺の手術の後に起こる痛みの原因は、①胸を切り開く際に皮膚や筋肉などを切断したことによる痛みと、②手術の時に見える範囲を広くするために肋骨の間を押し広げた際に、肋骨の下側を通る肋間神経が損傷・切断されることによる痛みの二つに分けられます。①は手術直後(12~16時間後)に痛みが最も強く、時間が経つにつれて楽になることが多いのですが、②は手術からしばらくして(傷口の痛みが治った頃)から現れることが多く、少なくとも2か月以上の間、痛みが持続もしくは寛解・増悪を繰り返します。1年以上症状が消えないことは少なくなく『開胸術後疼痛症候群』と呼ばれています。肺の手術を受けた8割の患者さんがこの痛みを訴えるという報告もあり、肺癌術後患者さんの生活の質(QOL)が低下してしまう原因の一つとなっています。痛みの性質にも違いがあり、手術直後の痛みは傷口を最強点としてずきずきした痛みを感じる事が多いですが、開胸術後疼痛症候群の場合は傷口から離れたところでも、肋骨に添うように『ピリピリした痛み』や『締め付けられるような感覚』を訴えることが多く、その他、『かゆみ』を感じたり、逆に『感覚がなくなる』など症状は様々です。

術後の痛みを予防する方法はありますか?

 大きく胸を切り開く開胸術よりも、胸に数か所穴をあけてカメラと鉗子を用いて肺を切除する胸腔鏡下手術(VATS)の方が術後疼痛症候群の発症が少ないのですが、胸に穴をあける時に神経が障害されるためVATSでも30~40%程度の人で開胸術後疼痛症候群が生じるといわれています。予防方法として、神経傷害性疼痛のお薬であるプレガバリンを手術前から術後長期間投与することや、手術の時の麻酔を硬膜外麻酔(背中に管を挿入して、脊髄の近くの硬膜の周囲に麻酔薬を注入する方法)にすることで術後疼痛の頻度が減少したという報告がありますが、広く一般的に行われているわけではなく、それぞれ副作用・合併症が起こりえますので、担当の先生とよく相談してみてください。

痛みの治療はどうしたら良いですか?

 術直後の痛みは消炎鎮痛剤で対処することが多いですが、開胸術後疼痛症候群には普通の鎮痛薬は効きにくいのが特徴です。内服薬としては前述のプレガバリンが使用されることが多く、神経の興奮を抑えるガバペンチンという抗けいれん薬や抗うつ薬も使用されます。痛みの部位を温めることも症状を和らげる効果があると言われています。又、痛みが強い、内服薬を使っても良くならない場合には、痛みを感じる神経に直接局所麻酔薬を浸透させることで、神経を一時的に麻痺させる神経ブロックという方法をとることもあります。痛みの診断・治療を専門に行うペインクリニックで行われることが多いです。
 術後痛みが長期間続くことは、肉体的・精神的負担となりQOLを低下させる原因となります。痛みが生じた場合、我慢せずなるべく早く主治医の先生に相談することが大切です。

ページの先頭へ