Last Update:2018年9月14日

熊谷賞に関する申し合わせ

熊谷賞に関する申し合わせ

I. 総則

  1. 日本呼吸器学会に学会賞をもうけ、これを熊谷賞と名付ける。
  2. 本賞はすぐれた研究業績を発表した本会会員に対して、選考の上、本学会学術講演会において授与する。
  3. 本賞は賞状ならびに賞牌(賞金を付加することができる)をもってこれにあてる。賞牌は「たて」とし、表面中央は熊谷岱蔵初代会頭の浮彫像とする。
  4. 受賞者は受賞後、本学会において記念講演を要請されることがある。
  5. 受賞者は日本呼吸器学会英文誌「Respiratory Investigation」に受賞業績を含めてReview論文を寄稿する。

II. 選考

  1. 受賞候補業績(以下単に受賞業績という)の範囲は、原則として本学会の機関誌あるいは本学会学術講演会または本学会地方学会において発表された業績とする。
  2. 受賞業績は、個人研究または共同研究のいずれでもよい。
  3. 受賞業績の推薦者は、本学会の名誉会員、功労会員、理事、代議員とし、1名以上の推薦を要するものとする。
  4. 受賞業績は選考委員会において選考され、理事会において3分の2以上の多数決によって受賞を決定し、総会へ報告する。
  5. 選考委員会は学術講演会長を委員長とし、各学術部会(各学術部会長)から1名の推薦を得て、委員長および10名の委員をもって構成する。

III. 熊谷賞基金

  1. 本賞の基金は故熊谷岱蔵博士、および篤志家より寄付された金品をもってこれにあてる。
  2. 本基金は理事長がこれを管理運営し、経理上の責任をおうものとする。
  3. 熊谷賞に関する金品は本基金より生ずる果実をもってこれにあてる。

ページの先頭へ