Last Update:2017年9月5日New

熊谷賞・学会奨励賞 選考に関する申し合わせ

日本呼吸器学会熊谷賞・学会奨励賞の選考に関する申し合わせ

  1. 熊谷賞受賞者数は単年度1名を原則とする。
  2. 熊谷賞の賞金は1件20万円とし、熊谷賞基金の果実をこれにあてる。
  3. 学会奨励賞受賞者数は単年度で3名以内とする。
  4. 奨励賞の賞金は1件20万円とし“学会奨励賞基金”から支出する。
  5. 学会賞選考委員の当該施設に所属する者が熊谷賞候補者・学会奨励賞候補者となった場合には、当該選考委員はその候補者の審議に加わらないものとする。
  6. 上記の場合において、学会賞選考委員長が選考委員会審議から外れる場合には、議長は選考委員の互選により決定する。
  7. 業績評価基準
    (1)熊谷賞は候補者の業績全体を評価の対象とするのに対して、学会奨励賞については、申請業績を中心に評価する。
    (2)学会奨励賞については、原則として、First Authorである論文を重視する。
    (3)いずれの学会賞についても、留学中の業績については別途考慮する。
    (4)業績評価の参考とするため、総論文数、原著論文中First Author、Second Authorの論文数、英語原著論文のImpact Factor総点数などを、基礎データとして使うこと。
  8. 本申し合わせの改訂には理事会の議を経るものとする。

附則

  1. この申し合わせは、この法人設立時の総会の承認により文部科学大臣の設立許可のあった日から施行する。
  2. 学会奨励賞基金を維持するために継続的な努力が必要である。
  3. 平成15年6月14日一部改訂
  4. 平成18年5月31日一部改訂
  5. 平成25年2月1日一部改訂
  6. 平成28年8月25日一部改訂
  7. 平成28年10月5日一部改訂

ページの先頭へ