第57回日本呼吸器学会学術講演会

English

細胞・分子生物学学術部会(CMB)サテライトミーティング

第3回呼吸器基礎研究を加速するための若手研究会議

日時:平成29年4月21日(金曜日)19:00~21:00
会場:東京国際フォーラム G502(第9会場)
参加費:無料

【企画内容】

近年の飛躍的な研究技術の発達は呼吸器の基礎研究をも急速に進め、呼吸器の生物学、病理学的な理解と治療応用を目指す研究が国際的な盛り上がりを見せている。話題となっているゲノム編集やオルガノイド培養技術により疾患モデルの確立が以前よりも容易になり、これまで困難であった呼吸器の基礎研究、再生医療への挑戦を後押しした。その結果、自然科学全体に影響力のあるトップジャーナルが呼吸器に特化した論文を掲載する機会も増えている。このような機運の高まりに合わせて、日本国内の呼吸器研究者も連携を強め、国際的な評価を意識した高い志の研究を奨励していきたい。本ミーティングでは、広く呼吸器に関わる基礎研究を行っている若手スタッフ(助教、研究員、学生など)が自分のプロジェクトについて発表し、目標を達成するためのアドバイスを受ける場を提供する。また、若手がキャリアの早い段階で横の繋がりを持つことで、将来的な大学、機関横断的な共同研究への発展を振興し、日本の呼吸器研究を底上げできると考えている。

【プログラム】

  1. Wntシグナルによる胎児気道形態変化の調節機構
    麓  勝己(大阪大学大学院医学系研究科)
  2. 肺発生及び恒常性維持におけるClub細胞の可塑性
    松尾  顕(熊本大学大学院生命科学研究部)
  3. iPS細胞由来肺胞オルガノイドによるHermansky-Pudlak症候群2型のモデリング
    興梠 陽平(京都大学大学院医学研究科)
  4. ブレオマイシン誘導肺線維症マウスモデルにおけるPLCεの役割について
    桂田 雅大(神戸大学大学院医学研究科)
  5. 炎症性肺疾患におけるAIM(Apoptosis Inhibitor of Macrophage)の意義
    木村 裕樹(北海道大学医学研究科)

サテライトミーティング運営委員会

森本  充(理研CDB呼吸器形成研究チーム)mmorimoto@cdb.riken.jp
佐藤 篤靖(京都大学呼吸器内科)atsuyasu@kuhp.kyoto-u.ac.jp

このサイトについて|Copyright © 第57回日本呼吸器学会学術講演会 All Rights Reserved.
このページの先頭へ